幕末生まれ

ニュースでも話題のように江戸時代生まれの方々が沢山生きてらっしゃることが判明した。
なんて素晴らしい長寿社会なのだろう。

ギネスブックに「最高齢の男性」として掲載されている泉重千代さん(慶応元(1885)年生まれ)が亡くなったのは昭和61(1986)年のことだった。これで江戸生まれの方は全員亡くなられたと思っていたのだから、今回のニュースには大変驚いた。

思えば悲しいニュースの多い夏だった。幼児の虐待が大きな問題になった夏だった。

虐待を予感させる通報があったにもかかわらず、緊急性が高いという蓋然性があったにもかかわらず、本来生きなければならないような小さな命が失われていった。同じ夏に、亡くなっていたと思われた江戸時代生まれの方々の生存が続々と確認された。中には文政11(1828年)生まれの182歳の男性もいるという。
妙といえば、こんな妙な話はないのだが、まあ行政のやることだ。そんなもんなんだろう。

ぜんぜん関係ないけど、僕の親族ではこの10年間で明治生まれがほぼいなくなってしまった。
そんな中でもカミさんのおばあちゃん(明治45年=98才)と祖母のお姉さん(明治40年=103才)は相変わらず達者だ。

今頃あわてた行政側から「生きてますか?」という問い合わせを受けているに違いない。

なあに、二人ともお元気ですよ。

コメント

  1. しょーちゃん より:

    spiductionさんとこのご親戚は皆さん長生きですね~。素晴らしいです。やはり遺伝的要素でしょうか?それとも食生活でしょうか?

  2. spiduction66 より:

    >しょーちゃん
    いやいや。僕を見たらとても長生きとは思えないでしょう。
    女性は長生きかもしれませんが、男性は平均ですよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.