3度目の交通事故の話

(教室は27日から春休みだったんですが。この「上大岡的音楽生活」はWordpressのバージョンアップのミスでメルトダウン状態となりました。ほぼ復旧したのが先ほどだったんですが、そんな中でゆきます。)

3月28日(月)の夜11時すぎぐらいのことです。
仕事を終えてから、宮内さんのお店へ挨拶に行こうと思い、屏風ケ浦の交差点を杉田方面への右折レーンにいたんですよ。もちろんいつもの原付です。

停止状態でウィンカーだけカッチンカッチン。

そしたらいきなり後からゴツンと衝撃を食らって、勢いで原付ごと左に倒れました。つまり後方から来た車にぶつけられたんですね。

後で、相手は「信号停止している時にブレーキを離してしまった」と言っていました。
まあありがちなことですね。

ご心配なきように先に言っておきますが、外傷も出血もありません。
ただ、いきなり背中から「ワッ」てやられたらびっくりするじゃないですか。この時はそのスペシャルバージョンでして、完全なビックリ状態になってしまいました。
つまり、その場からほとんど動けなくなってしまったんです。腰もなんだか痛いですし、直後に右の前頭葉あたりがズキンズキン痛くなったのは事実です。

運転手の女性が出てきて「大丈夫?」ってなぜかタメ口でした。
体が動かないもんですから「救急車呼びましょうか?」には「うんうん」と言うしかありません。

這って歩いたかどうしたか覚えていないんですが、道路の中央にいるのはヤバいので、交差点脇まで移動して縁石に座り込んでいると、すぐに警察官がやってきたんです。
事故からわずか3分足らずだったと思います。
いくらなんでも日本の警察は早すぎるなぁ~と思いつつ、そのことを言うと、
「いえ、今そこをパトロールしていたとこだったんです」。

自宅の電話番号を尋ねられたんですが、ショックでどうしても思い出せない。
まだビックリ症状が続いているんですね。iPhoneを操作して「メモって下さい」と渡し、その後自宅に電話して「また車にやられた」と連絡しました。

やがて救急車がやってきました。

救急車に乗る前に警察官から「バイクは道路脇において置きますから、後で取りにきてください」と言われました。

ご存知の方も多いと思いますが、この交差点の脇には「ウダウダカフェ(uda uda cafe)」があります。私は26日も番長主催のライブイベントでも行っていたぐらいです。

ですから「だったら反対側の角2軒目に「ウダウダカフェ」っていうのがあるので、その前に置かせてもらって下さい。ウダさんという人がいて知り合いなんです。私の名前言えばわかります。ウダウダカフェのウダさんです」とウダウダお願いしました。
後で聞いたら、もう閉店後だったので、お店の前に置くことはできませんでしたが、ウダさんもこんな時にこんな状況で警察官との会話でネタになっているとは思ってもみなかったことでしょう。

まあそんなわけで救急車に乗っているうちに、だんだん頭の中が正気になってきました。
落ち着いて救急車の中を眺めると、さすがは事故直後の応急処置をする車だけあります。あれやこれやと救急設備が充実していて、とても一台の車とは思えませんでした。後方のブラインドカーテンが自動で開閉することも、この時に知りました。自宅に一台あったら、楽しいでしょうね。

実は昔から一度でいいから救急車に乗ってみたかったんです。2005年に乗った際は意識不明の重体だったので、奇しくも今回が初めて意識アリで乗ったわけです。

「3度目の事故がこれですんでラッキーだった」とも思いました。
というのも、僕は今まで1972年(小学校二年生)と2005年という具合に、二回も車にぶつけられているんです。
以後「二度あることは三度ある」とか「三度目の正直」なんて考えてきたわけですから。

それと、この3月っていうのは、何て激動の一ヶ月なんだろう。と思いました。
地震発生以来アドレナリン全開でつっ走っているような気がします。
地震に起因して発生した問題をバキバキなぎ倒して進み、関係ない問題までバキバキなぎ倒す。車なんかぶつかってきてもヘッチャラでつっ走っているような妙な感覚です。自分の人生の中でも、こんなに濃い一ヶ月は珍しいんじゃないかと思います。

そうこうしているうちに、担ぎ込まれたのは磯子中央病院でした。
目と鼻の先だと思っていたんですが、ずい分走るなぁ~と思っていたら、あの病院は移転していたんですね。立派になっていました。

そこで恒例のレントゲンとかCTスキャンとか色々なことをやって、「特ニ中身ハ異常ナシ」ということでホッとしました。

落ち着いてくるとポケットのiPhoneに気づきました。
Twitterで「事故なう」をやろうと思いましたが、わずか4文字で周囲の人にご心配をかけてはいけないと思い、今ブームの「自粛」をしました。
第一、自分が本当に無事なのかそうでないのかもまだわかりませんしね。
つまりTwitterでもつぶやいていけないことってあるわけです。

カミさんが車で迎えに来てくれました。
「人生で3回も交通事故にあう人は珍しい」と、カミさんに呆れられました。

翌日には現場にバイクを取りにいって出勤しているぐらいですから、どうやら体は大丈夫のようです。
前頭葉の痛みもありません。普段と違う場所の微細な腰痛と肩痛がやや気になります。
バイクはバイク屋さんにも見てもらったんですが、どうもフレームが曲がってしまったようです。

コメント

  1. haru より:

    むむむねさん!!
    ムチウチにはなって無いですか?
    ちゃんと検査したんですか??
    もー(>_<)
    なんでそんなに事故に遭ってしまうのでしょう?
    早く元気な姿を見ないと安心できません…

  2. spiduction66 より:

    >haruさん
    大丈夫です。ありがとう。
    そうそう、救急車の中でそういう器具をつけられたけど、ムチウチにもなっていません。
    なんでそんなに事故に遭うのかはこっちが聞きたいぐらいですよ。しょっちゅう道路に飛び出すようなコドモじゃないんですから。
    そう簡単には死なないようにしてもらっているのかもしれませんね。だけどそれだったらはじめから事故に遭わないか。

  3. あいむ より:

    本当に大丈夫ですか!?
    大事に至らなくて良かったです…

  4. spiduction66 より:

    >あいむ
    大丈夫ですよ~心配してくれてありがとう!
    もう大事はコリゴリですよ。
    4月10日のライブ楽しみにしてます!

  5. しょーちゃん より:

    えっ!メールのやりとりの間にそんなことがあったとは!?
    奥さま、さぞやびっくりしたことでしょう。

  6. hitomi より:

    えーーー!
    大事にならずよかったです(>__<)

  7. spiduction66 より:

    >しょーちゃん
    アハハ、そうなんですよね。
    前の事故の時は警察の方が「頭を打って意識不明だ」とか連絡しちゃったもんですから大騒ぎだったんですよ。自分で電話することは無事な証拠ですから、かえって安心させられるわけですね。安心どころか呆れてましたから(笑)。

    >hitomiさん
    これ以上大事になってたまるか~い。

  8. noriko より:

    ブログを読みすごく心配になりました。
    また腰が心配です‥。
    でも大事に至らずに安心しました。
    お大事にして下さい。

  9. ニャンコ より:

    ご無事でよかったです。ブログののメルトダウンの裏にこんな状況があったんですね。

  10. spiduction66 より:

    >norikoさん
    すいません。心配させてしまい。
    まあ大丈夫です。

    >ニャンコ先生
    ありがとうございます。
    ブログやら何やら色々とありました(笑)。

  11. マサトシ より:

    ご無事で良かったですが、遅れて痛みが出てくることもありますのでお大事になさってください。

  12. spiduction66 より:

    >マサトシさん
    ありがとうございます。一週間ぐらいは様子を見ようと思っています。

  13. Jun より:

    まずは大きな怪我が無く、ご無事で良かったです。
    昨今の影響で、16号は道路照明が消えていて、道路がとても暗いですね。

    それで良く見えなかったのかと思ったのですが、現場の交差点だけ電気がついてるのでそんなことは無いですね。
    運転手の不注意ですね・・・。
    イソチュウは、移転しましたね。
    ちょっと前はかなり評判が芳しくなかったですが、病院側がそれを心配して、かなり改善して今は逆に評判が良いと聞いています。

    しかし、大体事故と言うのは、大小に関わらず、双方ともに責任がある場合が多いですが、ムネさんのように、一方的に相手が悪いばかりの事故も珍しいですね・・・。

    お大事にしてください。
    今なら当たるかも知れないので、宝くじでも買ってみては!?

  14. spiduction66 より:

    >Junさん
    ありがとうございます。
    どうも車にはなつかれているのかなついているのかわかりませんが、左折車に横断歩道で巻き込まれた(’72)、横断歩道横断中に信号無視に追突された(’05)、右折レーン信号待ちの間に後方の車より追突された(’11)、と絶妙なタイミングで様々なパターンの相手側過失を喰らっているように思います。助けられてるんだか助けられてないんだかわからない人生ですね。これもまた人生と思って諦めることにしました。
    でも宝くじは諦めずに挑戦してみることにします。「自動車くじ」というのがあればきっと当たると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください