大滝詠一にも春よ来い

音楽の世界においては、しばしば「オマージュかパクりか」ということが論争になる。
「オマージュ」っていうのは、元ネタに対する一定の敬意を持ち、その作品の一部(メロディもしくはアレンジ)を使用するということだ。
それに対して「パクり」というのは、敬意もへったくれもない。ポイントとしてはなるべくバレないように元ネタを料理できるか?という点にかかっている。

ただしこれは一般論であって、事実はもっと難しい。バレバレのパクりを「これはオマージュです」と主張することも可能だし。元ネタ側が「盗作だ!」と主張すれば、その内容とやり手の弁護士と裁判官と諮問機関次第では「盗作」になる場合だってある。

そんな認識を持っていたから、5年前にORANGE RANGEの「ロコモーション」の盗作疑惑が持ち上がった時は逆に驚いた。だってあれはどう聞いてもシャンプー(Shampoo)の「トラブル(Trouble)とカイリー・ミノグ(Kylie minogue)もしくはリトル・エヴァ(Little Eva)の「ロコ・モーション(Loco-Motion)」に対する「わかりやすいオマージュ」だと思っていたからだ。タイトルは一緒だし、歌詞とメロディーのまるごと引用まであったぐらいだから….その後の経緯も見てみたけど、メンバーが盗作行為を肯定するような発言をしたこともあって(若気の至りだなぁ…)、結局彼らのあの曲もこの曲も盗作だという騒動になってしまった。

著作権登録とかクレジット表記などと言った法的(?)な説明うんぬんを抜かせば、「オマージュ」と「パクり」の垣根というものは、結局のところ発信者(アーチスト)と受信者(リスナー)との関係に依存するものなのだと思う。アーチストが過去の名曲へのリスペクトを自分の音楽に昇華させる。それをリスナーが聞いて(人によっては元ネタさがしを含めて)楽しむ。そこには一種のゲーム感覚すらある。これって時には聞き手のセンスを問われることもある。

1990年代に「渋谷系」がブームになった頃、ピチカート・ファイブの小西さんなんかはラジオDJで元ネタを流してくれたりしたものだ。それがあまりにもマニアックすぎて「あっ、なぁるほどなぁ」とニヤっとする瞬間が度々あったし、そこから逆に音楽の世界が広がったりした。これをパクりだと思ったことはないし、小西さんの音楽に対する愛情や敬意(オマージュ)を感じたものだ。

そういうオマージュということでいえば、昨年の12月30日に亡くなった大滝詠一さんという人は、そんなオマージュの総本山だったと思っている。と言うか、僕が音楽にハマり出した最初期に「オマージュっていうのはこういうことなんだよ」ということを、教えてくれたのが大滝さんだった。

たとえば大ヒットした「君は天然色(1981)」のイントロや、ファーストアルバム「大滝詠一(1972)」に収録されていた「ウララカ」を聞いた人ならば、1963年のポップス黄金時代に鬼才フィル・スペクター(Phil Spector)がプロデュースしたアノ曲を思い出すだろう。
【大滝詠一】
「君は天然色」


「ウララカ」

【元ネタ】
ザ・クリスタルズ(The Crystals) – ダ・ドゥ・ロン・ロン(Da Doo Ron Ron)


「ウララカ」に至っては、あからさま過ぎてもう大笑いするしかないだろう。

こんな例もある。

【大滝詠一】
「さらばシベリア鉄道」


「フィヨルドの少女」

【(アレンジ面での)元ネタ】
ジョン・レイトン(John Leyton) – 霧の中のジョニー(Remember Me)


ザ・トーネイドーズ(The Tornados) – テルスター(Telstar)

ザ・トーネイドーズ(The Tornados) – ライディン・ザ・ウィンド(Ridin’ The Wind)

ザ・スプートニクス(The Spotnicks) – 空の終列車 (Le Dernier Train De L’espace)

トーネイドーズはイギリスのインストゥルメンタル・グループ。ビートルズに先駆けて全米No.1を「テルスター」で獲得している。彼らはしばしば「ジャンジャガ・ジャンジャン」というギターリフを使うのだけど、これがフラメンコのギターリフであることはデビューシングルの「ラヴ・アンド・フューリー (Love and Fury)」あたりを聞くと一目瞭然だ。

スプートニクスはスウェーデンのインストゥル・バンド。こちらもジャンジャガやっている。「空の終列車」はベンチャーズが作曲した「二人の銀座」に似ているけど、こちらの方が3年ぐらい早いはずだ。

大滝さんのズルいところは、曲のタイトルでも「スプートニクス」をオマージュしちゃっているトコロ(作詞は松本隆)。
この「空の終列車」もそうだけど、彼らには「夢の宇宙特急」「霧のカレリア」「モスクワの灯」などのシングルヒットがある。「フィヨルドの少女」や「さらばシベリア鉄道」の持つ北欧臭(正確にはソ連臭も入っている)っていうのは、このあたりかた来ているのだろう。

もうひとつ行ってみよう。

はっぴいえんどの音楽には1960年代にLAで活躍したバッファロー・スプリングフィールド(Buffalo Springfield)やクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(Crosby, Stills, Nash & Young)などの影響が多々見られるけど、「風街ろまん」における「はいからはくち」のアレンジもそのひとつだ。

【大滝詠一(はっぴいえんど)】
はいからはくち

【元ネタ】
バッファロー・スプリングフィールド(Buffalo Springfield) ウノ・ムンド(Uno Mundo)


アハハ....大滝さんはこうした音楽に対して「オマージュ」しつつも、極上な...時には原曲を凌駕するJ-POPを創り上げるだけの才能を持っていた。

そんな大滝さんはミュージシャンでもあったけど、それ以上に「音楽の生き字引」だった。
1960年代の洋楽に限らず昭和20年代30年代の邦楽に関しても膨大な知識と情報量を持っていた人で、とても短い期間だったけど、彼のラジオ番組は僕にとって「音楽の扉のひとつ」だった。そうした音楽に対するオマージュの集大成があの異常にヒットした「A LONG VACATION (1981)」「EACH TIME (1984)」だった。
140104_long
当時友人の家に遊びに行くと2軒に1軒はこのジャケットが部屋に飾ってあって「百万枚売れるっていうのは、こういうことなのか」と体感したものだ。

だがその一方で異様に広がったリスナー層は、それまで彼が持っていた発信者(アーチスト)と受信者(リスナー)との阿吽の呼吸のような関係を全く別のものにしてしまったのかもしれない。少なくとも一対一に対峙された元ネタ探しゲームではなくなった。彼のサウンドは新奇で爽快な「音の壁」であり、オマージュともパクりとも縁のない「音のインテリア」となったのだ。

当時、大滝さんがラジオで自嘲気味にこう言っていたのを覚えている。
「あのアルバムは部屋のカーテンみたいなもので。インテリアとしての音楽なんですよね。誰も大滝詠一という人間には興味ないんですよね。それでいいと思っています」。

彼がその後、アーチストとしての表現活動をほとんどやめてしまった理由が、なんとなくこのあたりにあるように思えてならない。

最後に...大滝さんが亡くなったのが12月30日ということでこの曲を思い出した。合掌。


春よ来い
作詞 松本隆/作曲 大瀧詠一

お正月といえば炬燵を囲んで
お雑煮を食べながら
歌留多をしていたものです
今年は一人ぼっちで年を迎えたんです
徐夜の鐘が寂しすぎ
耳を押えてました
家さえ飛び出なければ今頃皆揃って
お目出度うが言えたのに
何処で間違えたのか
だけど全てを賭けた今は唯やってみよう
春が訪れるまで今は遠くないはず
春よ来い
春よ来い