ヌッキー竜の”長渕剛リスペクトナイト 1977~1983″

先日、日本のロックバンドLUNA SEAのトリビュートイベントへ行ってきたばかりなのですが、今日はヌッキー竜氏企画の長渕剛イベントでした。全然逆じゃん。
場所は本所吾妻橋にある「下町の武道館」ことA’z(アズ)。

「KAKELとこじこじを連れて行きますよ」とヌッキーさんに電話したところ「あまり無理しないでくださいね」と言われました。

「無理」って何だろう?
ナガブチ
マッチョ系で頭ツンツンの怖いお兄さん方が革ジャンを着て殺気立っている中に飛び込むんじゃないだろうか?「さだまさし、桑田、雨の嵐山」は禁句だろうなとか、こじこじのような若い女の子を連れていっていいのだろうか?そんなを覚悟して行ったのですが、それは杞憂でした。
150518_nagabuchi_old
まだ「自己改革」を遂げる前の初期長渕のフォーク時代を愛する方々(平均年齢は僕より1~2歳上かな)の和やかな音楽コラボの集いだったわけです。

ヌッキー竜氏がライブ、進行司会から、飛び入りゲストのギターサポートまで行ったこのイベント、1979年の篠島コンサート(注:通称「篠島事件」。吉田拓郎のコンサートに特別出演をしたところ「帰れコールを浴びた事件」)を体験した方からの貴重なトークなどを織り交ぜながら進んでゆきました。
ヌッキー竜
ヌッキーさんの音楽力&人間力も凄かったけど、この方々の「ナガブチ愛」も尋常ではありません。何か秘密結社的な匂いも感じつつ、アウェイ感も感じつつ楽しめた3時間でした。

飛び入り参加ではカラオケンジさん、ライブ後のフリーセッションではKAKEL氏が「わがままジュリエット」を熱唱、私も久しぶりに人前でドラムを叩いた次第。

コメント

  1. ヌッキー竜 より:

    コアな企画へお越しいただき本当に感謝です(^O^)
    しかし上の2枚の長渕・・・同一人物とはとても思えません・・・
    30年という月日はここまで人を変えてしまうのでしょうか(^_^;)
    「KAKELとこじも連れて行くよ」と電話いただき、「え?長渕企画だけど宗さんちゃんと二人に説明したのかな・・・だまして連れてきちゃうんじゃないの・・・?」と思った次第でして(笑)
    二人ともいい意味でだまされたようでよかったです(^_^)/

    これからも初期の長渕をよろしくお願いします(*^_^*)

  2. spiduction66 より:

    30年という年月が変えたのか、本人の自己改革に対する異様な執念が変えたのかはよくわかりませんが「人間ってその気になればこんなに変わるんだなぁ~」と(笑)。今更変えようがない自分にとってはうらやましい限りです。

    何から何まで本当にお疲れ様でした。自分も企画をよく理解していなかったのですが、こういう楽しみ方があるってこと、二人には新鮮だったと思います。実際喜んでくれましたし。そしてヌッキーさんの人間力を垣間見たのではないでしょうか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください