ポニカロード定期ライブ Vol.15

ロックバンドの対バンイベントでは、自分がお気に入りのアーチストの時だけ応援するのが普通。終わるとファンも会場のセンターからサーッと消えちゃうものです。
Aというバンドの主催イベントがあったとしたら、AのファンはAしか応援しないものです。

ところがポニカロードの定期ライブは違いました。
19日にYokohama O-Siteで行われた「定期ライブ Vol.15」には5アーチストが出演したのですが....ポニカのファンの方々は、最初から最後まですべての出演者を応援していたのです。しかも全力で。

こうした応援がアイドル主催イベントの定石なのかどうかは、私にはわかりません。
でも、ポニカの定期イベントに出演した他のアイドルさんたちは、あんなに気持ちよく応援してもらったことが嬉しくて「また出演したい!」って思うはずです。
これはとてもとても大切なことですね。

ポニカファンの方々は、これを誰に言われたわけでもないんです。
ファンの方々の自発的な気持ちでやっているんです。このことに、僕はとても感動しました。

ポニカの強さって、独特のグダグダ感とか、「事務所に動かされている感」の無さとか、あんちゃんの姉御感、かのんの「出る”滝”は打たれる」感、あかりんの宇宙超越感とか色々あると思うのです。でも、何よりもファンの人たちとの「阿吽の呼吸」が実に奇跡的に機能しているって事が大きな強みだと思いました。

備忘録的意味もありますが、私も応援のつもりで共演5グループについて紹介してみます。

ぽすてぃねーしょん
郵便屋さんがコンセプトのアイドルユニット。だからといって「年賀状はお早目に」とか「年金の受け取りはこちら」と呼びかけるわけではなく「あなたへ愛を届けます」というコンセプトでした。「Please Mr.Postman」の歌詞を具現化したんじゃないか的アイドルさん。歌唱力とキャラの面白さとのバランスのとれたユニットでした。

ついんs☆ぷりゅむ
生徒さんになったばかりの二人組。元気な『もせちゃん』こと桃星(ももせ)るなと、おっとり森林少女『きのたん』こと木の実(このみ)きのちゃんのコンビ。もちろんステージを見るのは初めて。
この日は夜もO-Siteに出演とのこと。まだまだデビュー間もなく伸びしろが沢山ある二人。とにかく一生懸命にステージで動く姿を見ていて、頑張って応援(SHOWROOMで星を投げるとか、チェキを買うとかそういう意味ではなく)してゆこうと固く誓ったのです。

Twinke☆Stars
都内を中心に活動中の3人組。テクノビートと激しいダンスがウリ?真ん中さんが私的には可愛いと思った....などど考えるようになっているから相当ヤバいです。

まちだガールズクワイア
これまた興味深いコンセプトの7人組。「町田少女合唱団」という直訳名よろしくコーラス(3声、4声)で攻めるというアイドルグループ。それぞれのイメージによるバラバラの『私服』が衣装となっている。あくまで歌で聞かせることを前提としている。モータウン風のサウンドもあり、ターゲット年齢層をやや上気味に意識している模様。

8princess
直訳すれば「八王女」→八王子のご当地アイドル。これまたテクノビートとラムちゃん的ド派手な衣装で登場。激しいダンスがウリ。
よくよく考えたらメンバー5人だったから、あと3人は増えるのか?

ステージにいま立っている子たち、本当に様々な出来事や苦労や試練を経て、このステージで頑張っている。
応援に駆け付けたファンの方もそう。色々な出来事や苦労や試練を経て、ひとつひとつのアイドルのもとで応援している。
自分はその当事者でもあり、傍観者でもあるから、とても学ぶ事が多いのです。