イマージュISOGOコンサート at 杉田劇場

ここ5年ほどバンド活動はお休みしていたのですが、10月8日は久しぶりにステージに立ちました。

このブログでも何回か紹介している「イマージュISOGO」....横浜の磯子区を中心に活動するアマチュアの音楽グループなのですが、早いもので今年で10周年という節目を迎えたのです。

そこで僕が所属していたバンド「C’dars(シーダーズ)」のステージ内で、久しぶりにクラシックメンバーとしてお呼ばれされて、ゲスト出演....いやお邪魔出演させて頂いたわけです。

私は「C’dars」枠の中でキーボードで2曲をプレイするわけですが、曲数少ない分、思いっきりはっちゃけて目立たなければもったいない。
聞けばHITOMiちゃんとのりちゃんキンキラの衣装を着るとのこと。
それじゃあ私も、というわけで「Sgt.Pepper’s」コスプレで演奏させて頂いたわけです。
C'dars
(ジョジョだとか言われましたが、そんなことはございません)

演奏したのは定番T-rexの「20th Century Boy」、そして昨年亡くなってしまったギタリスト中ちゃんとの思い出の曲「学園天国」。

嬉しかったのは、お客さんで来てくれていた絵美さんと娘さんも飛び入り参加させて、本当の意味でクラシック&ニューメンバーが勢揃いとなったこと。
みんなで「娘さんも一緒に出ちゃえよ」と言ったのはいいのですが、絵美さんが歌えるかどうかは、4才になる彼女の娘さんの決断に委ねられていたんです。
ところが「私も歌う!宗さんたちと出たい!」って言ってくれたのは彼女の成長なんだろうな。ロックするお母さんと一緒にステージでピョンピョンはねてくれたのです。

そんなほのぼのとした風景とは裏腹のハードでアグレッシブなサウンド。
最もキチガイじみた時期の音それ以上を再現できたんじゃないかなぁと思います。
C'dars
いやぁ、もう最高でした。
だって誰が何と言おうとあのC’darsだぜ!黙れってんだ!

15時にコンサート終了。
記念写真を撮影した後は、バッと着替えて新宿へ。
よりにもよってですが「ベルウッドレーベル創設45周年記念コンサート」とぶつかってしまったのです。
細野も鈴木もあがたも曽我部もGlim Spankyも出演するイベント。
いやぁ、最高でした。

なんて濃い一日だったんだろうと思います。