1999年3月26日....

そう、ちょうど10年前の1999年3月っていうのは、
当時レコード店に働いていた僕にとっては、
極めつけに印象の残る月となった。

3月3日に「だんご三兄弟」が発売され、歴史的な売上を記録するシングルとなった。
長女が大好きな曲だったので仕入れ担当者として「これは化ける」と予想した。

3月10日には宇多田ヒカルの「First Love」がこれまた「異常」とも言える売れ方をみせた。アルバムとしては過去最大のセールスを記録した。両者とも強気の仕入れをやったことで、何とか品切れをしないで済んだのが僕にとっては誇りだった。

前年比150%を記録した売上で会社から頂いたボーナス、そして国からの「地域振興券」がどんなに助かったかわからない....というのも....

3月26日、明け方の午前5時すぎ、
タクシーからカミさんを抱えて京都の太秦にある産婦人科に飛び込んだ。
ここはダンナの立会い可能だったから、分娩室にビデオカメラを設置してまわし始めた。
そうしたらわずか20分でぴょーんと次女が元気欲飛び出してきた。

週休1日半しかない仕事の父なのに、
わざわざ休みの日に生まれてくれて助かった。
しかも全員が「金曜日生まれ」という珍しい家族となった。

出産のほうも一段落したので義理の母と帰宅しようとしたら、珍しいことに嵐電がストライキで動いていなかった。仕方がないからタクシーで帰宅したという思い出がある。

あれから10年、次女もついに10歳となった。
地域振興券は出産費用とお米、そして「だんご三兄弟」の情報提供のご褒美に長女に買ってあげた「NHKおかあさんといっしょベストCD(だんご三兄弟入り)」に使った。
そう、あの2つのCDの異常な売れ方には「地域振興券」がひと役買っていたと今でも確信している。

卒業した人、10才になった人、5年を迎えた教室....そして去ってゆくちっちき。
この3月はいろいろな意味で感無量だ。

こんな時代だけど、自分の信じる道を進んでゆくことによって、誰もが幸せになって欲しいと、祈ってやまない。

コメント

  1. 羊子 より:

    地域振興券・・・そういえばそんなものがありましたねえ。世の中の波に乗せられて?宇多田ヒカルのファーストラブは買いましたが、振興券には無縁の貰えない派だったので、その2つが重なった時期だったことは全く記憶にありませんでした(笑)
    10年かあ、宇多田ヒカルが流れていた当時のことを思い出して私もなにか感慨に浸ってしまいましたヨ。人それぞれ、10年の思い出もそれぞれですよね。

  2. spiduction66 より:

    >羊子さん
    そう宇多田の物凄い売れゆきからもう10年なんですよ。
    地域振興券は3月の終わりかそれ以降に郵送されてきた記憶があります...というのも長女と病院帰りにCDお米を買って帰ったのが最初の使い始めだったので、3月27日より後だったと思います。10年に1回、こういうことをやるのが定番になりそうですね。だけど経済効果はあるんでしょうかね~。では今から京都へ行ってきます。多分千円で行けるんじゃないかと。これは助かります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください