志津屋のカルネ

2007/10/9 火曜日

前々回は1300円のハンバーガーの話を書いたけど、
そんなものよりもはるかに安くて、世界で一番好きなパンがある。

それがこれ。
志津屋のカルネ
京都では超有名なパン屋さん志津屋(しづや)の「カルネ」というパンだ。
丸いフランスパン(?)を横切りしたものにハムとオニオンがはさまっている。パンの切り口にはわずかにバターが塗られており、ハムとオニオンは、わずかにマヨネーズで味付けされている。
061028_02.jpg
とてもシンプルだけど、信じられないほどハマってしまうのだ。

幸せなことに、僕の京都の寓居志津屋の本店から自転車で10分ぐらいのところだった。

休みの日に子供を乗せて自転車で本店に行き、
一個136円の幸せを10個ほど買って帰るのさ。
京福電鉄天神川の踏切で通り過ぎるチンチン電車を待ちながら、
一個だけ封をあけ、子供に半分を分け与えながら食べようじゃないか。

そんな懐かしい光景が昨晩夢に出てきやがった。

追記:志津屋のカルネのファン、大杉。
今日のおつかい」さん
いちご部屋の食日記」さん
foodish:”雑”食記」さん
どんと来い!京都だべりんぐ情報」さん e.t.c

志津屋 カルネ」でググッてみると....

雑食

Posted by spiduction66