The Beatlesがカバーした曲たち

備忘録的メモ。
The Beatlesがカバーした曲リスト

Beatlesのオリジナル・アルバム、シングル、EP盤に収録されたカバー曲。
Arthur Alexander – Anna (Go to Him)
The Cookies – Chains (Carole King)
The Shirelles – Boys
The Shirelles – Baby It’s You
Julie London – A Taste Of Honey
The Isley Brothers – Twist And Shout
Barbara Cook & Robert Preston – Till There Was You (Original Broadway Cast ”Music Man”)
Anita Bryant – Till There Was You (こちらのバージョンの方がBeatlesの演奏に近い)
The Donays – Devil In His Heart
The Marvelettes – Please Mr. Postman
Chuck Berry – Roll Over Beethoven
Smokey Robinson & The Miracles – You’ve Really Got A Hold On Me
Barrett Strong – Money, That’s What I Want
Chuck berry – Rock And Roll Music
Dr. Feelgood & The Interns – Mr. Moonlight
Little Richard – Kansas City-Hey-Hey-Hey-Hey
Buddy Holly – Words Of Love
Carl Perkins – Honey Don’t
Carl Perkins – Everybody’s Trying To Be My Baby
Buck Owens – Act Naturally
Larry Williams – Dizzy, Miss Lizzy
Little Richard – Long Tall Sally
Larry Williams – Slow Down
Carl Perkins – Matchbox
Larry Williams – Bad Boy

Anthologyなどに収録された未発表曲など
Gene Vincent – Ain’t She Sweet
Richie Barrett – Some Other Guy
Little Willie John – Leave My Kitten Alone
Buddy Holly & The Crickets – That’ll Be The Day

John Lenonがカバーした作品(一部)
Chuck Berry – Sweet Little Sixteen
Gene Vincent – Be-Bop-A-Lula
Ben E. King – Stand By Me

この選曲、一部の例外はあるものの総じてセールス的に振るわなかった曲やマニアックな曲ばかりを好んでカバーしている。それとカバー時代最終期の1965年頃に、彼らが好んでLarry Wiliamsをカバーしているのも興味深い。
LarryはJohn Lennonと同じ1980年に亡くなっているのだけど、死因はこれまた射殺だった。

The Cookiesの”Chains”は、Caroke Kingの作品。「Tapestry」より10年前に彼女の曲をカバーし、彼女の才能に惚れたメンバーは、最初にアメリカを訪れた際にCaroleに会いたがったと言われている。
いっぽう、Beatles以降は自作自演というスタイルがPop Musicの主流となったため、職業作曲家だったCaroleの仕事はどんどん減ってゆくという皮肉な結果となったそうだ。

ここにカバーされたアーチスト達は、リアルタイムでは不遇だった人もいるけど、Beatlesのセールスにともなう印税収入によって、人生がバラ色になった人も多い。
人間どこでどうなるかは、わからない。