さぉ☆こじ the opposite(仮)

僕には2010年代の「アイドル」の定義みたいなものがある。
1980年代までのアイドルは全国津々浦々まで知られていてテレビに出ない日はないという「面の時代」だった。これが1990年代~2000年代になると、ある特定の分野、特定の趣味へのベクトルを持ったアイドルが増えている。
たとえば6月「イソゴのアリス」で共演させて頂いた木下鈴奈さんは「PC自作アイドルとして有名だし、他には「鉄ドル」の木村裕子さんなんて方もいる...実際のところこのお二方以外の名前はよくわからないのだけど、「○○アイドル」なんて言葉をよく耳にするようになった。

だとすると2010年代はどうか?僕は勝手に「点の時代」だと思っている。ある特定の地域、特定の団体、そんな中で活躍するアイドルだ。たとえば「株式会社○○アイドル」「神奈川県港南区上大岡西アイドル」とかいった感じだ。

僕の祖父の時代、町一番の女の子に「町名+小町」とあだ名をつけたことがあると聞いたことがある。「上大岡小町」とかそんな感じだ。それはただ男どもに羨望のまなざしで噂されるだけの存在だった。だけど、これが21世紀の現在だったら、歌も歌うだろうし、CDも出すかもしれないし、写真集も出すかもしれない。

いや、出してしまった....

僕が「2010年代のアイドルの定義を予言するアイドル」と勝手にそう呼んでいる当校のアイドル「さぉ☆こじ」のCDが完成した。
一昨日、その記念すべきファースト・プレスを頂いた。
なぜ「ファースト・プレス」と言うかといえば、まだアルバムタイトルが「the opposite(仮)」となっているからだ(本人の顔が写っているため、画像省略)。

仮タイトルということは、本タイトル決定までのテストプレスってことだから、これはもうレアものってことだ。

ジャケットを開くとこんな感じ。
さぉ☆こじ
Special ThanksとしてYusuke,オチダトモと名を連ねて”US Vocal School 横浜南校”とある。嬉しいじゃないか。and....You!とも書いてある。

凄いのは、このCDがマジでロンドンでリミックスを行なわれていることだ。
なんでロンドンなのかは本人に聞いてくれい。

そして盤面には二人からこんな嬉しいメッセージが。
さぉ☆こじ
アルバムタイトルこそ「the opposite(訳は”正反対(の性格)同士”みたいなニュアンスらしい)」なんだけど、二人の声質が似ているので、実に綺麗で可愛らしいハーモニーになっている。

だったら「the opposite & similar (類似した)」みたいなタイトルでいいじゃないかと言いたいのだけど、これは発音しにくいな...などと考えながら英和辞典サイトをうろうろ。「the opposite & alternate (正反対(の性格)同士(が)かわりばんこ)」なんていうのを考えたけど....よおく考えたらロンドンに聞け!ロンドンに!

【プレス向け宣伝文句】
「線」から「点」へ....
2010年代をアイドルのあり方を具現化した横浜南校のスポット・アイドル”さぉ☆こじ”によるファースト・ミニアルバムが満を持してリリース!”さぉ☆こじって誰?””さぉ☆こじってカワイイの?””さぉ☆こじっの歌ってどうなの?”それはCDを手に入れてのお楽しみ。
横浜南校あたりか、その関係者あたりで限定発売中!

追伸:マイミクのtaiさんの日記で気づいた。
今日はJohnの69才の誕生日だ....
いや永遠に40才というべきか。

コメント

  1. あつし より:

    久しぶりにコメント入れます
    さぉ☆こじがいよいよCD出すんですか?
    直にでも手に入れたいです。

  2. spiduction66 より:

    >あつしさん
    お久しぶりです。
    それはきっと本人たち喜ぶと思いますよ。
    正式盤はまもなくと思われます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください