「 歴史の切れ端 」一覧

あれから6年

あれから6年

この時期になると、何となく東日本大震災発生直後の「教室からのお知らせ」を読み直してしまいます。僕が経営するミューズポートボーカル教室のお知ら...

記事を読む

少年朝日年鑑に掲載された「道」の40年後をたどってみた -秩父から中津川林道へ-

少年朝日年鑑に掲載された「道」の40年後をたどってみた -秩父から中津川林道へ-

コトの発端は実家の物置小屋で、この本を発見したことだった。 (少年朝日年鑑'77) 『少年朝日年鑑』は、小学校高学年~中学生向け...

記事を読む

『浅草オペラ100年と二村定一リスペクト・ショー』

『浅草オペラ100年と二村定一リスペクト・ショー』

なぜか子供の頃から歴史が大好きだった。 親としては歴史家にでもなって欲しかったんだろう。当時国際情報社から『わたしたちの歴史』という本が月...

記事を読む

『ワイルド7』と1972年八丈島東方沖地震

『ワイルド7』と1972年八丈島東方沖地震

先ほど「漫画家の望月三起也さん死去 77歳 「ワイルド7」がヒット」というニュースが流れてきて、鮮やかに思い出したひとつの記憶がある。 そ...

記事を読む

指田文夫『小津安二郎の悔恨』と原節子の「男」

指田文夫『小津安二郎の悔恨』と原節子の「男」

黒澤明の映画は全作品を繰り返し繰り返し見ているのだけど、どうも小津安二郎の作品となると数えるほどしかない。はっきりその内容を覚えているのは『...

記事を読む

鈴木貫太郎傳と記念館

鈴木貫太郎傳と記念館

1979年に亡くなった母方の祖父「小野寺五一」の遺品の中にこんな一冊の本がある。 終戦時の内閣総理大臣だった鈴木貫太郎の伝記だ。 ...

記事を読む

玉音放送原盤公開で思ったいくつかの事

玉音放送原盤公開で思ったいくつかの事

「あの時、どこにいましたか?」 「あの時、どんなことを感じましたか?」という質問を投げかけることのできる「共通体験」など、そうあるものじゃな...

記事を読む

野田城と「影武者」

野田城と「影武者」

大学時代の友人「バンコクいちろう」君の最近の趣味は「城巡り」。 彼の野望は財団法人日本城郭協会が選定した日本100名城を完全制覇すること。...

記事を読む

1998年、リーグ優勝翌日のベイスターズに新横浜駅で遭遇した話

1998年、リーグ優勝翌日のベイスターズに新横浜駅で遭遇した話

このBlogでは滅多に野球の話をしないんですが、今年はなんだかベイスターズが大変なことになっているので、書いてみます。 今から17年ほ...

記事を読む

スカイツリーから焼け跡がみえた

スカイツリーから焼け跡がみえた

土曜日は有志でスカイツリーに行ってきた。 (電線とからむスカイツリー) (スカイツリーを撮影する方々を撮影する) 建設して...

記事を読む