御茶ノ水研究会紀要 (2)
-秋葉原方面の過去と今-

御茶ノ水研究会紀要 (1)
-1978年御茶ノ水橋の写真と現在とを比較する-
」の続き

1978年の御茶ノ水の朝は、空気がよっぽど気持ちよかったんだろう。
聖橋上から御茶ノ水橋方面を撮影した僕は、今度は車道をわたって秋葉原方面を撮影している。
1978_marunouchi
(1978年 聖橋上から秋葉原方面)

たまたま写っていた(あるいは確信犯的に撮影したのかは記憶にない)「うねうね模様」が特徴の丸の内線の赤い電車が懐かしい。そこで32年後は電車を待ち構えて撮影してみた。
2010_marunouchi
(2010年)
その変貌には驚かされる。
僕はこの画像を撮影しながら「リッカーミシンの看板のあるビルはもう取り壊されたのか」と思っていた。
ところがどっこい、自宅で画像をチェックしてみたら、ちゃんと建っているではないか。
リッカーミシン
(1978年)
リッカーミシン
(2010年)
建物の形状、窓の位置が一緒だ。
このビル、調べてみたら「共同ビル万世」というらしい。1963年竣工だからすでに築47年が経過している。坪単価が1万円というかなり安い。おそらく景色もいいと思われる。光ファイバー設備も完備しているようなので、あるいは穴場物件かもしれない。
「リッカーミシン」の方は粉飾決算がバレて、1984年に倒産したとウィキペディアにあった。そういえばそんなこともあったなと思い出した。

1978年の写真には他にも面白い看板があった。

総武線鉄橋の左手に「TORIO STEREO」というのがあった。ここは石丸電気の本店ビルではないかと思う。
「トリオ」が「ケンウッド」の前身だったなんてこと、知らなかったなぁ。
ややこしいことに「共同ビル万世」では、リッカーミシンの看板あとが「ケンウッド」の看板だったことを「神田川に架かる140の橋」さんの記事「聖橋」で発見した。

御茶ノ水研究会紀要(3)聖橋」へ続く

コメント

  1. しょーちゃん より:

    いや~写真の威力を改めてまざまざと知りました。
    毎回spiductionさんのブログを読むと今生きていることが歴史だと感じ入ります。恐れ入りました。

  2. 名犬 より:

    いや懐かしい写真見せて頂きました。
    街もも変わっていくものですね。
    人も変わると言いますが、進取の気鋭とやる気が有れば変わらないで済みます。
    これを持ちつずける秘訣は日々トレーニングですよ。
    生きて行く上での選択が豊富となります。
    変な感想ですいませんね。

  3. spiduction66 より:

    >しょーちゃん
    実は今回ぐらいそれを感じたことはないんですよ。
    自分が撮影したものが、ちょっとした歴史の記録になるなんて思いもしませんでした。
    今後もネタ投下します。

    >名犬さん
    名犬さんは、このあたりは「地元」に近いから、なおさら懐かしかったんじゃないかと思います。

    進取の気鋭は血なんですかね~。
    「若いモンには負けんぞ」っていうヘンな気負いのある人もいますが、結局それは老いているということだと思います。
    名犬さんにはそれがないから大変見習うことができるんです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください