上大岡Street Live Part4

「路上においては誰でも平等である」。
なんて言葉があるのかどうかは知らないけど、まあとにかく上大岡Street Liveも4回目。
プロの人、プロを目指す人、プロみたいな人、お父さん、お兄さん、お姉さん。
誰もがひとつのステージで表現する。

さて、ストリートを行うに際して、以前から「発電機が欲しい」ということを思っていた。
電池駆動の鍵盤の軽いキーボードよりもガッチリとした電子ピアノで演奏したい。それにRolandのBA330は電池駆動だとパワーが足りないようだ。

そんな中、まつざき幸介さんから「3~4年前にストリートをやりたくて発電機を買ったのですが、ぜんぜん使っていないので、どうぞお使いください」と言ってくださっていたのを思い出した。そこで早速電話する。
「僕は今町田にいるので、自宅に取りに行って下さって結構です」とのことだ。とてもありがたい。
その時は「まつざきさんもストリートに参加したらよろしいのに」と思っていたのだけど、
町田で夜遅くまで仕事で翌日ストリートでは大変かな?とも思っていた。

発電機をお借りして教室に戻ってから1時間後ぐらいにまつざきさんから電話がかかってきた。
「明日ですが僕も1曲だけ歌わせてください」とのこと。
それは嬉しいことだ。リュウちゃんにも確認したら「大歓迎!」。
残念なことに当日は発電機がどうも動かなくて結局電池を利用した。
だけど、今回の「Kamioooka Music Jam(仮)」のストリート・ライブは思わぬ方との初共演となった次第だ。

まずはJUNYA

「青春の影」「Yesterday Once More」など3曲をプレイ。
残念ながらキーボードの電池を買いにいっていたために、見ることができなかった。
でもさわりの部分はリハーサルで聞くことができた。
JUNYA君、自分の声にあったいい曲を選んでいるなぁ。

お次はガコ。

「2010等?来」をさわりだけ歌って「そのままの君でいて」に持ってゆくあたりのMCは、2度目とは思えないぐらい肝が座っていたよなぁ~。

今回の秘密兵器がコレ。

いちいち張り替えないですむホワイトボードの登場だ。
というわけでここでまつざきさん登場

「君すむ街」と「6月のジルバ」を熱唱。とにかく嬉しそう。
ちょうど新星堂のキャンペーンで、北島三郎や坂本冬美などのそうそうたるメンバーの中で「6月のジルバ」も「イチオシ曲」に選ばれているまつざきさん、実にタイムリーな出演でよかったです。
なおウソか本当かは不明ですが「竜ちゃん、幸ちゃん」コンビ結成の模様。
またの名を「上大岡二丁目」コンビと言うそうです。詳細はご本人に聞いて下さいませ。

ところで、まつざきさん、後で通りがかりのおじいさんに言われていました。
「あんた、絶対プロを目指した方がいいよ」。

続いてカカ王さん、
さだまさしの「雨」にちなんだ曲を沢山プレイ。
前回は病気で欠席だったために、ようやく僕のピアノサポートが実現した。
名づけて「ムネ王」。別に北海道のアノ人じゃない。

「つゆのあとさき」と「加速度」をプレイ。
個人的には「つゆのあとさき」の間奏をショパンの「雨だれ」風にしたのがウマく弾けてよかった。
カカ王さんも「つゆ」の最高音のところが見事に出ていた。
そんな「ムネ王」コンビはまだ続きます。

お次は友希ちゃん、

お母様と弟さんが応援に駆けつける中でのストリート。
まつざきさんやリュウちゃんもそうだけど、思わず通行人が立ち止まる。
こういうステージをいつか行いたい。
それと友希ちゃんの声量ぐらいになるとBA330がバリバリ歪んでしまう。
原因は乾電池では電圧が足りないのだと思う。
発電機は明日修理から戻ってくるので、また次回まつざきさんからお借りしようと思う。

そしてお次はキタさん。

キタさんのオリジナルはいいんだ、これが。
ストックも沢山あるそうなんで、もっともっと公開して欲しいものです。
僕は永井龍雲の「道標ない旅」をキーボードでサポート。
キーボードだと鍵盤が軽すぎて指が走りすぎてしまう。やはり欲しいな、発電機で電子ピアノを弾ける環境が。

ラストはリュウちゃん。

リュウちゃんの「3大ナガブチ」というのは、「順恋歌」「祈り」「逆流」じゃないだろうか。いつ聞いても本当にいい。
「上手い」というのもあるけども、楽曲に対する愛情がとても伝わってくる。
「僕は僕を失うために生きてきたんじゃない」というクダリにはジーンとくる。
一番多感な時期に好きだった曲って、本当に体に染み付いているものです。

そんなわけで無事にライブが終了した。
この日は空前の猛暑になったわけだけど、木陰でビル風の吹く駅前では直射日光をなかったし、それほどの暑さというものは感じなかった。駅前がホール状態で音もいい感じで反響するし、本当にいい場所だと思う。

応援に駆けつけて下さったマサトシさん、ロンドのお嬢さん、トモコさん、友希ちゃんママ、友希ちゃんブラザー、ノリちゃん、その他大勢の方々、本当にありがとうございました!

毎週日曜日がライブという状態の自分。
7月25日はパレ・ド・バルブでヌッキー@リュウ、C’darsのライブ。美味しいお食事もついて3000円です。
事前予約が必要なので、ぜひおいでまし、おいでまし。
そして8月1日は”Acoustic Style 2010″だぁ!

でもそれを上回る人が約1名。
8月8日は、ヌッキー@リュウ at 吾妻橋「A’s(アズ)」ということで、何とこの人は4週連続ライブです。

コメント

  1. ストリート、お疲れ様でした!!

    炎天下でのストリート・・・どうなるyかと思いましたが
    あの場所は木陰になって、しかも風が通るので気持よかったです!
    まぁ暑い事は暑いですが!

    今回も出演者、皆「熱い」演奏でした!!
    打ち上げの「じらい屋」・・・安くて美味いでしょ?
    また行きましょう!!

    まつざきさんとのユニット「上大岡二丁目」は、本家の新宿二丁目に負けないよう頑張ります。
    上大岡が本当にソノ手の方が集まる場所になったら、それはそれで面白いですね(面白くないっつうの)!

    発電機、直りましたね!!
    次回ストリートはこれがあれば更にグレードアップされますね!
    また盛り上がって行きましょう!!

  2. spiduction66 より:

    >ヌッキー@リュウちゃん
    お疲れ様でした!
    実際にあの場所で演奏していると、さほど暑さは感じなかったのが不思議です。風もそこそこ吹いていましたし、むしろ帰りに荷物を運びながら日の当たる場所に出て初めてこの日の猛暑に気づいたぐらいです。
    「上大岡二丁目」大笑いです。電機店対決ネタといい、二丁目ネタといい、よくもまあ考えますね~。
    本家に負けないように頑張って下さいませ。

    いよいよ「電気のある生活」の始まりです。
    9月またよろしくです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください