Kaiten at 横浜ZANY

関内駅からテクテク歩く。
途中に「ミヤマ商会」という中古のカメラ屋さんを見つけた。
ちょうどNikon D5000の標準レンズが必要だった。ダメモトでフラっと入って尋ねてみる。
そうしたら、どうやら埼玉の支店に在庫があるようだ。日数は約定できないけど新品の半額以下の値段でとりよせられるとのこと。
それならばと注文する。何とかWinter Liveまでに間にあってほしいところだ。

横浜ZANY“はここから目と鼻の先。以前はClub24 Yokohamaだった場所。
会場に入るとなかなか盛況、途中でEmiさんも来る。まずは2アーチストを見る。

2組目の「湯ノ谷てつや」君が僕とEmiさんのツボ。
オープン・チューニングっぽいチューニングでギタープレイをするんだけど、スラッピングやタッピングというようなテクを使いながら弾き語りをする。なんだか歌う押尾コータローみたい(クリック先で音源聞けます)。MCで「日吉NAP」でのライブ告知をしていたので、あとで尋ねてみたら”喉””奏屋マコト””Haku”君たちのことも知っているらしい。世の中狭いなぁ。CD頂いたので聞いています。
お次はKAITEN。
ドラムは打ち込みで、ギター&ボーカルという編成。今回ここに新たにベースが加わった。

いきなりNirvanaの”Smells Like Teen Spirit”で始まった。いいねぇ~。
オリジナル3曲とカバー2曲という構成で、基本グランジっぽいサウンドに狭気あるメロディーラインという感じだ。
特に3曲目のオリジナル曲(題名忘れた)が良かった。
前回に比べてベースが加わったことで骨太な音になったこともあるけど、ライブ本数をこなしたようでずっと成長していた。
ボーカルもずっとよくなっていた。

ライブの後、Emiさんと別れて伊勢佐木町へ。
行きつけの古本屋さんがありまして、その閉店時間に何とか間に合った。
音楽関係の本を数冊買って帰る。

●次回ライブ予定。
12月1日の私企画のライブイベントにKEITENの栗ちゃんがソロで出演します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください