ライブ3本一気にゆきます

【1/29(土)】
番長主催の「先を見据えてVol.8」 at 屏風ヶ浦uda2 cafe
出演:ウダノリユキ、Sora

憩いの場って誰にでもあるよね。ここ屏風ヶ浦uda2 cafeはそんな場所のひとつ。
ここに来ればいい音楽に出会える....なんて書くとウダさんにプレッシャーかも。
まあとにかく人間誰でも「ウダウダ」したくなるわけで、仕事帰りにフラっと寄れるのも嬉しい。
今日は番長企画第八弾。ずっと出ずっぱりでカホンを叩くのだという。
まずはウダノリユキさん。

普段はLooZerという2ピースバンドでギターを担当。今日は弾き語り。
ウダさんの音楽はウダさんの人柄とオーバーラップしていて、解脱しちゃっているというか何というか....この人の音楽には「禅」を感じてしまうんだよね。

お次は先週関内BBでもお会いしたSoraさん

シンプルなコードをバックに世界観のある歌詞(本当に世界的な視点)をを詠うアーチスト。
「逆に恋愛の歌作れないんですよね」。
口先の詠嘆よりは、お二人が一番守りたいものから生まれてくる歌詞だからこそ説得力があるのだと思う。
ライブの後でギターのアダチさんと話しこんだ。
ロニーホーキンスのバックバンド時代の「ザ・バンド」について熱く語り合える人と生まれて初めて出会った気がした。

【2/4(金)】
和田多門 at 赤坂グラフティ
出演:村上通、canade 1、和田多門

昨年年末に僕主催で行った日吉NAPイベントでも出演して下さった多門君。いつも単独での弾き語りライブしかみたことがなかった。
「多門君のバンドサウンドは凄いですよ」というのは歌舞伎町Golden Eggのマスターからずっと言われ続けていた。
さて、話は変わるが「熱中スタジアム」の番組収録でお会いした東京タワー好きの芸能事務所の方から「教室におじゃましたい」という話があった。
この方の事務所は赤坂にある。「いえいえ、こちらから」なんてメールで挨拶をしあっているウチに、ポッと多門君からメールが飛び込んだ。
「赤坂グラフティでライブやります」。
何という偶然。しかもそれだけではない。彼の持ち歌の中には「東京タワー」という名曲があるのだ。そんなわけでその方の事務所におじゃま&ご一緒にライブに行ってきた。

とにかく迫力のあるサウンドに圧倒された。涙がちょちょ切れた.....
たもんバンドには尺八と三味線もいるんだけど、決して和風テイストに走りすぎない。それでいてきちんと独自の音楽世界を築き上げている。

(たもんバンドの動画がYoutubeにあった)
僕が言うのも生意気かもしれないけど、この音楽はもっともっと大勢の人に知って欲しい。

【2/6(日)】
イチヤナギユウ at 金沢文庫"the Road and Sky"
出演:Marie、大久保 理、イチヤナギ ユウ
土曜日にいつもお世話になっているキーボードプレイヤーの吉野ユウヤさんからメールが来た。
「明日金澤文庫の"Road & Sky"というライブハウスにサポートで出演するんですが、もしかして地元ではないでしょうか?」
もしかしなくても地元だ。そもそもアソコでは物議をかもすようなロックな映像を撮影したのも自分だ。
てなわけで行ってきた。先にhitomiセンセとノリちゃんセンセも来ていた。何でもhitomiセンセが成人になって初めて酒を飲んだのがココだったらしい。

前のムッシュの時の狂乱の印象が強かったのだけど、今日はうってかわって客層も違うし、しっとりした感じのライブイベント。
よくはわからないのだけど、「ロースカ」のAoさんという方がセレクトしたミュージシャンなんだそうだ。
半年に1枚のペースでCDを製作し続けるMarieさん。8ケ国で歌えるんだそうだ。彼女の透きとおって力強い歌声は良かった。
お次は大久保理(おさむ)君。ギター一本で力強く、優しさに溢れたステージだった。
そしてイチヤナギユウさん。吉野ユウヤ(key)、宮本將行(bass)というサポートを得てのステージ。
彼女のブルージーで骨のあるボーカルに、ユウヤさんのピアノと、まるでフレットレスベースのような宮本さんのベースが「つづれおり」のように重なっていった。
後で聞いたのだけど、2009年のアルバムリリースでサポートして以来、ライブ活動を一緒に行っているんだそうだ。
「早く言ってよ!」と思ったのは、1月30日にFM YOKOHAMAで2人で生放送ライブを行ったんだって。うひゃ~聞けば良かった。

まあ、そんな風にわずか1週間ぐらいの間で素敵な表現者の方々のステージをどっさり見ることができた。
自分の知っている音楽世界など狭いわけで、こうした出会いが自分の世界をどんどん広げてゆくのを感じる。過去だけを探さなくてもいくらでもいいミュージシャンはいる。死ぬまでにどれだけいいミュージシャンと出会えるのか?いい音楽と出会えるのか?っていうは自分にとってひとつのテーマなんだと思う。