ホイップ男

長女が「お父さん、お誕生日おめでとう、私がケーキ作るね」と言ってくれた。
なんだか自分のこづかいで材料を色々買い揃えてきたようだ。

こいつは嬉しいと思っていると、何やらキッチンでガサゴソやっている。
そして「泡立て機が壊れているようだから、お父さん泡立てるのやってくれない」ときた。

まさに「水が欲しければ、自分で井戸を掘れ」だ。

ボールに向かってごしごし、ごしごし。
そうしたらある事を思い出した。
「そうだ、入社した時に工場でこれやったな」。

1990年の4月、乳業会社に入社した際、社員研修で大阪工場に行かされたことがある。
その時に先輩社員から5種類の業務用(レストランとかで使うやつ)ホイップクリームを渡された。
「(俺は忙しいから)これをすべて泡立てて、簡単な比較表を作っといてね」と言われた。
同時に「時間も計ってね」とストップ・ウォッチまで渡された。

(こういうやつ)

生クリームの泡立てなんて生まれて初めての経験だった。
工場倉庫の片隅に店を広げて、ひたすらごしごし、ごしごし。
まあ時間がかかること、かかること。本当にこれがクリームになるのかいな?と思いながら悪戦苦闘した。5種類の泡立てだったから1時間以上かかったかもしれない。
できあがったものを逐次冷蔵庫にいれながら、ごしごし、ごしごし。

そうやって完成したクリームを食べ比べてみると、味の違うこと、違うこと....
比較表といっても基準があるわけではないから、泡立てにかかった所要時間、甘さ、オーバーラン(空気含有量=感覚的)、脂肪くささ(感覚的)、主観的な美味しさ、価格順(推定)あたりを踏まえて簡単な表にして提出した。

先輩社員は「ふむ、レポートはこれでいいよ。どう思った?」と尋ねてきた。
「生クリームだけで、これだけの種類を製造していることにも驚きましたが、それぞれの商品にこれだけの個性があるとは思わなかったです」と言うと、こう言われた。
「こういう商品を売ってゆくのが君の仕事だ(注:僕の所属はアイスクリーム課)。だから商品には熟知してね。それとモノ作りには必ず製造の現場がある。それを忘れないでね」と言われた。

おかげで今でもホイップクリームの質の良しあしぐらいはわかる。

そんなことを思い出しながらごしごし、ごしごし。
ようやくできあがったクリームを娘が盛ってゆく。

なんだか荒削りななのは、あの子らしいとして、これは本当に美味しかった。

コメント

  1. いけさん より:

    子供がいない(それ以前に嫁もいないがw)おいらには想像でしかないが、そのケーキの最高のソースは娘さんが自分の意思で作ってくれたということでしょうね。いいなぁ。

    話変わって先輩社員はそうやって“プロ”を育てているわけですね。ホイップクリームの善し悪しが直接今の仕事や生活に生かされることはないでしょうが、そういう経験って形を変え、何かに生きているんですよねぇ。

  2. spiduction66 より:

    >いけさん
    長女はお父さん子なんで、時々ですが色々なことをしてくれますよ。ただ荒削りなのまで父譲りなのですが。

    上のエピソードから学ぶことはいろいろありましたが、あの会社に勤務していた経験は、今の仕事に本当に役に立ってます。

  3. しょーちゃん より:

    いいなー、むすめ。
    あ、私もむすめだったことがあるけど、お父さんにケーキ作らなかった…
    むすめでもむすこでも関係ありませんでしたね(^^ゞ

  4. spiduction66 より:

    >しょーちゃん
    これが一人娘だったら、わかりませんよ。
    普通、女の子はお母さんの方についてしまいますからね。
    長女は母親より僕と相性がいいようです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください