Museport Live at American Graffiti Vol.2 -DIVA’s Night-

2012/6/24 日曜日

上大岡のライブバー”American Graffiti”で開催された「DIVA’s Night」が無事終了しました。
おいで頂いた沢山のお客様、セッティングを手伝って頂いたヌッキー@竜ちゃん、American Graffitiのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

立ち見が出る位の満員の集客、そして想像した以上の内容の良さに、ビビっています。

(野澤めぐみ)

彼女は単独ライブは初。大半の方が彼女の才能を知りませんでした。
ですが、今回は軒並み緊張していた中で、一番安定して自分らしさを出していたと思います。
普段はおとなしい子ですが、彼女には彼女の明確な音楽の色があるんですね。
MCにもかわいらしい、いい味があって、たちまち会場の空気もひきつけていたと思います。


(隅田かんな)

弾き語りの中で、唯一のカラオケ参戦。
そのハンデを打ち破るだけの「華」が彼女にはありました。
演劇での舞台経験が豊富なこともありますが、彼女自身の人間力はとても感じました。
僕は参加者には「お客さんを集めてね」と言いますが、実際のところ「何人集めたか」ということには拘っていません。
だけど、サラッと10人以上のお客さんを呼んでしまった彼女にはあんぐりでした。

(友希 from 上大岡ミュージックジャムさん)

ゆきちゃんは、半年ぶりのライブで緊張気味だとMCしてました。
でも彼女は普段から落ち着いているものだから、「そうなのかな?」と思いつつ耳を傾けました。
まあ確かに緊張してはいるのがわかりましたが、あのソウルフルな「ゆき節」は健在。
大物感は今までどおりでした(笑)。
オリジナルはいい曲ですから、もっともっと磨いて欲しいし、
Open Armsは世代的には彼女のスタイルに変換して、もっとふくらまして欲しいです。彼女にはそれができる力があります。


(RIKA)

そしてトリはRIKA。温かみのある音楽で、心癒される瞬間です。
僕が彼女を凄いと思うのは、ギターのストロークプレイ。
ギターを弾き始めて2年足らずなので、テクニックはそれなりなんですが、実にリズミの刻み方のセンスがいいんですよね。
4~6弦あたりを使ったリフプレイから、大胆なカッティングまで、実にうまく組み立ててくれるな、と。
今日のステージは、今の彼女にとって、ベストなものだったと思います。

——————————————————————————————————
毎月(スクール発表会以外の月)に、地元上大岡でオープンなスタイルでの定期ライブを行ってゆくというのは、長年の夢でした。
そして今回で2回目のライブが終わりました。

我ながらこの試みは無謀だと今でも思っているし、果たしてずっと続けられるのだろうか?と不安にもなります。

だけど、この2回の濃さは想像していた以上のデキだし、出演される方にとってもいい経験になっています。何よりも楽しんで下さる方がいる。
本当に幸せなことだと思います。

僕自身にとっても、これは大変勉強になるイベントだし、何よりも僕自身が楽しんでいます(最初は「個人的な道楽」って言っていたぐらいですからね)。
理想は「参加者がみんなで作り上げるライブイベント」、だからこそ出演者が生徒さんであるなしにかかわらず、いいイベントを持続させてゆきたいです。

そして次回は8月31日(金)!
何と、カカ王さん企画で「ゆずNight」を行います。お楽しみに。