Winter Live 2012

ミューズポートボーカル教室にとっては一年を通して最後となる音楽イベント「Acoustic Style 2012」が無事終了しました。

参加して下さった生徒さん、おいで頂いた皆さん、お手伝い頂いた大勢の生徒さん、そして素敵な演奏をして下さったミュージシャンの皆さん(江川綾さん。佐藤”ステディ”徹さん、渡辺裕太さん、吉野ユウヤさん)、会場横須賀Angeloのスタッフの皆さん、PAのIkuraさん、そして教室スタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

(江川綾さん on Base。JUJUの「Will」では本来はないベースラインをプレイして下さったのだけど。オクターブ上と下とを行きつ戻りつしながらのプレイがとても美しかった)

毎回、40名近い生徒さんがこのイベントに参加して下さいます。
よく「レッスンの成果を試す」なんて言い方をします。もちろんそれは事実なのですが、なにかそれだけで言い切れるものでもありません。
それぞれがそれぞれの人生や想いを背負っている。それどころかその日その日の気分だって精神だってだって違う。
それをいかにいい感じで最大限引き出すことができるか?そのことを我々はいつも考えて準備をしています。
だから生徒さん同士でも、一杯それを感じあって欲しい、お互いに何かを学んで欲しいと、いつもそのことを考えます。
それだけ想いの詰まったステージだからこそ、それを見る時は感無量の思いがあるのです。

(佐藤”ステディ”徹さん on Drums。時には驚くほど緻密かと思いきや、時には驚くほど大胆にプレイする。その見切りがとてもいい雰囲気を作るので感心させられる。ハイハットの鳴らし方ひとつひとつで音楽の雰囲気を作れてしまう人)

今回でこのような大きなライブイベントも25回目となったわけですが、生徒さんの真剣に音楽に向き合う姿、ミュージシャンの方々のそれに正面から対峙したプレイを見ていて、ある種の感慨にとらわれていました。
それはこの「10年」という時間への感慨でした。

(渡辺裕太さん on Guitar。アコギとエレキとを使い分けながら、情熱的な攻めのギターで会場を熱くしてくれた)

10年前の2002年2月のこと。
京都のCDショップの雇われ店長を辞めて横浜に戻ってきた時、無職の僕には愛すべき家族や友人以外には人脈と言えるものは全くありませんでした。
それが10年という時間の中で、いいスタッフ、いい生徒さん、いいミュージシャン、いい周辺の方々に恵まれて、今ではこういう「良質な」イベントを行うことができるのです。
その「良質」というのは決して自画自賛ではなく、経験豊富なミュージシャンの方々にそう言われているのです。

これを「運」と言葉ひとつで片づけていいのかどうか....自分ではそう思っているのですが....
とにかく恵まれた10年を歩んでこれたなぁと、改めて思うのです。

(吉野ユウヤさん on Keyboad。要所要所を的確に押さえながら、時には繊細に、時には情熱的に全身でプレイ。Missingの音のキメの細かさには感動)

そんな感慨を抱いている中で、10分ぐらい時間を巻くことができたので、
バンドのメンバーに一曲何かプレイをして欲しいとお願いしに行ったら、
ドラムのとーるさんに「だったら宗さん、メンバー紹介をブルースでやりましょうよ」と言われました。
ベースの綾さんが「わ~見たい見たい」と喜んでいます。
自分なりの10年の節目という感慨も含めて「やりましょう!」ということになりました。

ボーカル教室の経営者ですから、この位はできなくちゃあいけません。

P.S. 今回4台のカメラで撮影した画像が2300枚、まずこれを整理するところからBlu-Ray動画編集の始まりです。

コメント

  1. noriko より:

    今回も思い出にのこる素晴らしいライブでした☆
    笑あり、涙あり、たくさんの感動をいただきました♪
    キラキラのステージに立って歌っている姿を見られることは幸せな事ですね。
    宗さんのブルースもかっこ良かったです☆

  2. hitomi より:

    新しい風が吹き、新しい花が咲き実を結ぶ。 10年それは積み重なってきた事の奇跡をまた実感し感動する1日でした。ありがとうございました。お疲れさまでした。 メンバー紹介素晴らしかったです。

  3. haru より:

    お疲れ様でした。
    今回も生徒の方々にお手伝いしていただいたり、「ミューポの皆で作り上げていった」ライブとなった気がします。毎回笑と感動と涙でいっぱいになります。
    動画の作成よろしくお願い致します。
    久々に宗さんのバンド紹介見れて良かったです!

  4. ニャンコ より:

    お疲れさまでした。宗さんのメンバー紹介ブルースすごく良かったです。あと竜太郎さんとhitomi先生の「会いたい」にうるっときました。この曲調べたら作曲はあのよしもと興業の財津一郎に時々間違えられる財津和夫だったのですね。感動しました。ありがとうございました。

  5. spiduction66 より:

    >norikoさん
    お疲れ様でした。
    色々な人生があって、その断面が降り注いでくるから、感じることが山ほどあって面白いのでしょうね。そこが均質なプロアーチストのライブと違うとこなのかもしれませんね。

  6. spiduction66 より:

    >hitomiさん
    お疲れ様でした。
    新しい風はいつも吹いていなくちゃならないし、古い枯淡の香りもまたいいもの。人生はいつでもそのバランスの中にあるのでしょう。そういうバランス感覚をこのライブでも大切にしてゆかなきゃいけませんね。

  7. spiduction66 より:

    >haruさん
    今回はより大勢の方にお手伝い頂いたことで、よりスムーズにオンタイムでゆけたライブでしたね。また反省もよかったことも次回につないでゆきましょう。僕の反省は何よりもカメラ撮影のテクをどうするか?という点です。

  8. spiduction66 より:

    >ニャンコ先生
    お疲れ様でした。ダンディな雰囲気のステージ、カッコ良かったですよ。
    私のはブルース・ブラザーズのそれに近かったです。ハイ。
    そうなんですよ。僕もたまたま「会いたい」の作曲者が誰かなぁと今日調べてみて、その事実に気付いて驚いたところでした。さすがはよしもと興業の財津一郎ですね。

  9. ニャンコ より:

    チューリップの財津和夫です。

  10. ヌッキー竜 より:

    今回も素晴らしいイベントに参加させていただきありがとうございました!!
    宗さん、先生方の連携プレイはお見事です。
    素晴らしです!!

    「会いたい」…いい曲ですね!!

  11. spiduction66 より:

    >ニャンコ先生
    もちろん冗談ですって(^○^)
    メロディメイカーとして凄い才能ですね。

    >ヌッキー竜ちゃん
    お手伝い頂きありがとうございました。
    お褒め頂きありがとうございます。スタッフ同士で役割表みたいのを作ってローテーションさせています。よくできてますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください