しょうひぜい

2015/5/14 木曜日

そういうわけで今日から消費税が8%になったわけですが、3%時代を知っている人間からすると、政府のやることって場当たり的にしか見えないわけです。
「3%あれば何とかなるだろう」と導入、「足りなから5%にしちゃえ」となり、「それでも国庫足りなから8%、ええい勢いで10%も行っちゃいますか」という感じ。

このままで行けば税率27%(ハンガリー)なんて時代も夢じゃないわけで、せめて物価の高騰はおさえて欲しいものです(あとわけのわからん税金の無駄使いもね)。

というわけで、こちとら至って平凡な人間ですから、3月は駆け込み需要の1か月となりました。
4月後半に復帰するEmiセンセのPC、机、備え付けのティッシュ、文具、ミューポ君の好きな不二家カントリーマアム、福利厚生用のカップヌードルとお茶などなど。
1月ぐらいから「他にないか?他に!」をスタッフに尋ねまくって、思いついたものを色々リストにしていたわけです。
遭難寸前の船で残留者がいないかどうか確認する船長みたいな気分でした。

一方、プライベートでも日曜品のストックをやや多めに持つように心がけました。
もともと「やや備蓄派」の家なので、そんなに凄い買い物はしませんでしたが。

そんなわけで3月31日は「最後に一回繰り出そう」ということで、近所の大型スーパーに向かいました。
結構色々と思いつくもので「あれもいる、これもいる」をやっていたら、夜の21時を過ぎてしまったわけです。
すっかり疲れ果てた我々は、もはや食事を作る気力もないわけです。
結局、近所のラーメン屋でラーメンを食べることにしましたとさ。

おしまい(※1)。

※1:ラーメン一杯を750円として、消費税差3%分相当で計算した場合、何と25,000円相当の物品を駆け込みで買わないとペイできないわけです。