ユキスズキ、保刈あかね、矢野絢子 at 関内BB Street

2015/5/9 土曜日

正しくは「矢野絢子7インチシングル「最後の約束」リリースツアー番外編」というタイトルです。
矢野さんがアナログ7インチシングルをリリースするというレコ発ツアーだそうです。

ですが、個人的にはユキちゃんが、彼女の憧れでもあったポカちゃんと共演する、というのが楽しみで行ってきました。
ユキスズキ
ユキスズキ
(ユキスズキ)
ユキちゃん、二人のベテランとの共演という大役を見事にこなしていました。
情景を音楽にするっていうのはとても難しいことですが、彼女はそれをピアノとボーカルでよく描いていると思います。とてもそこを考えています。以前は彼女の音楽に「〇〇の影響」というのを感じながら聞いていましたけど、今はそれもなくなって、完全に「ユキスズキ」という独立した惑星になりました。「シナモンロール」「六月の雨」、そして「中国的なサウンドのやつ」がお気に入りです。

保刈あかね
保刈あかね、豊田稔
保刈あかね feat 豊田稔(per.)
(保刈あかね feat 豊田稔)
ユキスズキが情景としての音楽だとすれば、彼女の音楽は「空間」としての音楽かな。音楽で空間を作って包み込んでしまいます。東日本大震災の頃に屏風ヶ浦のuda2 cafeでノリちゃんセンセイとみて以来のステージでした。
失礼ながらあんな小柄な体のどこから出てくるのだろう?という圧倒的なボーカル力。それと対照的なポワンとしたMCのギャップが強烈。彼女自身がボーカルも曲の余韻も楽しんでいるから、グッと伝わってくるものがあります。
一時、運転中に彼女の「In the Car」ばかり聞いていたときがあったのですが、最後の「つないだ手の先に」は、ホントいい曲だと思います。ドラムの豊田稔さん、歌うようなドラミングが素晴らしかったです。

150218_213045
矢野絢子
(矢野絢子 feat 足立PANIC壮一郎(gt.)/ アベナギサ(b.)/ gnkosai(dr.))
かつてメジャーシーンでも活動してきたことのある彼女のステージを見るのは今回が初めて。今回は事前勉強としてYoutubeでいろいろ聞いてみ
ました。僕のお気に入りは「汽笛は泣いて」。改めてナマで聞いて思いました。これは神の曲だと思います。

(矢野絢子「汽車は泣いて」)

若手ユキちゃんがベテランの「胸を借りる」ライブとなったけど、ユキちゃんがポカちゃんや、矢野さんの年齢になった時のステージをイメージしたら、無限の可能性があってとてもスリリングだと思いました。