狐と貝殻

二人の子供を連れて、本牧まで例の狐の映画を見に行った。
でも、この映画の感想については割愛しよう。
僕が書いたものなんかより、全国の子供たちが書いたものの方がよほど面白いからだ。

今日の話はその後のこと。
映画を見終わった後、子供たちと山手をブラブラ散歩することにした。港の見える丘公園の前に車をとめて、イギリス館、山手111番館などを見たのち、外人墓地方面へと歩いて行く。

外人墓地から元町へと抜ける見尻坂を下っていった。すると、坂の途中にある何かの敷地の入口に「埋蔵文化財発掘調査中」という看板があった。特に「立入禁止」という札もないので、ずんずん奥まで入ってゆくことにした。このあたりの発掘調査といえば、明治か大正の洋館跡という予感がある(ちなみに僕は洋館跡マニアでもある)。

ところが、入口から50mも進んでゆくと、そこには意外な光景があった。
060321_01.jpg

発掘されている場所には、貝殻がきっしり堆積した白い地層が露出していた。その地層の厚さはおよそ1m。
「エッ、貝塚!?....」
と思わず声を上げた僕に、
「そうですよ」
と調査員の方が答えてくれた。
何でも縄文中期~晩期(2400年~5000年前)あたりのモノらしい。

この画像を見てほしい。
060321_02.jpg
発掘現場(アメリカ山公園建設予定地)のすぐ向こう側はガケになっている。ガケの下には元町がある。地方合同庁舎の白い建物の向こうにはマリンタワーも確認できる。この場所の標高は20~30m程度だろう。小中学校で横浜の歴史を学んだ方ならば、崖下の地域(関内をへて桜木町に至る広いエリア)が、大昔は入江だったことをご記憶の方もいるだろう。

入り江を見下ろす丘の上の貝塚...
これが横浜の原風景なのだ。

想像してみよう。
かつて、入江を見下ろす小高い丘の中腹に縄文人の住む集落があった。
その場所は、温暖な気候と食べ物に恵まれた場所だった。
丘を下ればすぐそこには海、女性は波打ちぎわで貝や海草を集めた。
男性は魚を採るために、木をくりぬいた舟に乗って海へとくりだしていった。
時には丘の上へと登り、尾根伝いに狩猟をしにいったのだろう。
そうした収穫は、火と土器を使って料理された。
中身を料理された貝殻のうち、
形や色の美しいものは女性のアクセサリーになった。
そして不要なものは集落の外れに掘られた穴に投棄された。
その量は、1m近い層をなすほどだった。

それから数千年もの歳月が経過した時、
その貝殻たちは偶然日の目を見た。
縄文人たちが「不要」と思って捨てたものが、
彼らの存在を裏付ける数少ない証言者となった。

帰りがけにこれを頂いた。
060321_03.jpg
気の遠くなるような年月を経て再び人手にわたった3つの貝殻だ。
これに比べれば僕の人生なんて一瞬なんだろうな。

子供は狐に感動し、
大人は貝殻に感動するという一日でありましたとさ。

コメント

  1. シール より:

    貝殻に比べたら一瞬の人生なんだろうなと気がついた。
    その上で。
    そんな人生だけど、愛しく楽しいものだと。そんな風に感じて生きていきたいなと
    spiduction66さんのブログを読んで改めておもいました。
    spiduction66さん、すごいなあ・・・(^^)

  2. spiduction66 より:

    >シールさん
    そんな風に感じて頂けたなんて光栄です。そう、貝殻に比べたら一瞬の時間だけど、日々感動したり(今日のWBCとかね)喜んだり楽しんだりして生きてゆけるというのが人間の特権なんですよね~。

  3. シール より:

    spiduction66さん。そっかあ。人間の特権なんですよね。感謝していっぱい楽しもう。
    おなじように時間が流れていくならば、笑顔がたくさんの時間を楽しみたいなって思えるようになりました。

  4. spiduction66 より:

    >シールさん
    僕も「楽しく生きたい」派。
    人間、そんな先のことはわからない。
    だから、楽しく生きているよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください