とり壊しにまにあわなかった話

昨年の神奈川新聞に、「大正時代の長屋の風情残す住宅を解体へ」という記事があった。

「お~これは行かねば」と思っていたのだが、
なかなか行ける機会がない(ちなみに僕は長屋マニアでもある)。

ようやく先日に行くことができたのだが、すでに大半の長屋のとり壊しがすんでいた。
残っていたのはこの建物だけだった。
震災長屋
これでは何がなんだかわからない。

WEBでさがしあてた新聞記事をよく読むと、市は12月から解体工事に乗り出すとあるではないか。
そりゃあ3月に行っても意味ないわな。

なんだかよくわからないが、実に惜しいことをしたのだけはたしかだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください