Real Rock See Saw Scene Vol.1

2008/12/19 金曜日

僕のパソコンデスクなんだけど、本来プリンタを設置する場所にこんな風にKENWOODのレコードプレイヤーを置いている。
081217_113236
単に他に置き場所がないからなんだけど、このデジタルとアナログが同居した状態を、僕は結構気に入っている。

レコードプレイヤーの型番は"KP-1100″。1985(昭和60)年の発売。もう世の中がCDになりつつある時代の産物で、僕はアナログプレイヤー最終期の名機だと思っている。
KP-1100
CDの普及によって、今まで自分が集めてきたアナログ盤はいずれ聞けなくなるだろうと思っていた。たとえばThe Byrdsのオリジナル・アルバムやThe Whoのアルバムなどは、当時のほうがはるかに入手困難な状態で、もうCD化されることはないだろうと思っていたのだ。

そんな中で今まで使っていた親父譲りのレコードプレイヤーがぶっ壊れたので、どうせ買い換えるならば、何十年も使えるようなものを買っておこうと思った。"KP-1100″は当時の値段で10万円弱。僕はお神輿屋や日本橋高島屋のアルバイトで稼いだお金をすべてつぎ込んでこれを買った。

面白いことに、同時代に買ったSONYのCDプレイヤーやサンスイのアンプなどは、すでに臨終を迎え、結局コイツだけが今でも元気に動いている。現在はこのプレイヤーをSONYのアンプを経由してPCに接続している。だから音を聞くのもPCからだし、CD化もできるようになった。一番驚いているのは当のプレイヤー自身だろう。まさかパソコンとオーディオセットを組まされるとは予想もしなかったことだろう。

実際のところ、ムッシュかまやつの70年代のシングルにはCD化されていないものが結構あるし、The Beatlesの初期の音源のステレオ・バージョンは今でもCD化されていない。そういう音を全部CDにしておいた。むろん個人で楽しむ目的でだ。

さてここからが本題。先日生徒のAさんが、こんなアナログ盤を貸してくれた。
081217_113510
タイトルは「Real Rock See Saw Scene Vol.1」。
たまたまGolden Cupsのからみで加部さんの話をしたり、TENSAWのカバーをしている"銭湯(“S"と"T"を逆転させる)"というバンドが知り合いにいるんですよ、という話をしていた所、貸してくださったものだ。

1980年7月6日の日比谷野音でのライブということで"子供ばんど“"TENSAW“"THe ROCKERS“そして"JOHNNY・LOUISE&CHAR“の音源が収録されている。しかも「限定非売品」とある。僕自身はそれほど詳しい分野ではないので、おそらくは珍しいものだろうなぐらいに思いながら、なかなか作業にとりかかれなかったのだけど、先日ようやく自分用にデジタル化してみた。
081217_113317
そこであわせてこのレコードを出自を色々調べてみた。
1:ここに収録されているTENSAW、子供ばんど、THe ROCKERSの音源はデビュー前のもの。
2:現在、状態の悪いアナログ盤でも7000円というプレミアがヤフオクでついていた。
3:曲目は以下のとおり
A-1 子供ばんど – 野良猫
A-2 子供ばんど – キャプテン・キッド
A-3 TENSAW – 世の中カワルサ
A-4 TENSAW – DOBUITA St. (Mr.Blues Guy)
B-1 ザ・ロッカーズ – 1999
B-2 ザ・ロッカーズ – 気をつけろ
B-3 ザ・ロッカーズ – キャデラック
B-4 ジョニー、ルイス&チャー – You’re Like a Doll Baby

きっとマニア垂涎の音源に違いない。そんな音を何も考えずに手にいれてしまったわけだ。神をも恐れぬ行為とはこういうことなんだろう。

Aさん、これ大事にしておいて下さいね。