言葉

2007/10/9 火曜日

彼女の...

彼女の言葉には意味があったのかもしれない。
メッセージもあったのかもしれない。

だけど、相手に説くには語るべき「言葉」がある。
語るべき「態度」もある。語るべき「配慮」もある。
語るべき「礼儀」もある。
語るべき「ルール」もある。

彼女はすべてを欠いたまま、身元も明かさないまま、
僕にこのblogで言葉のみを伝えようとしていた。

だから拒否した。

少なくとも僕はこのblogで名前も身分も居場所もオープンにしている。
いや容易にわかるようにしている。
そういう意味では不利な立場にいることは間違いない。
だから貴方もオープンな立場になりなさいと説いたが、
ひたすら言葉を伝えようとするのみだった。

blogというのはその人それぞれの「家」と言える。
壁はないけれど、境界線だけは存在する家だ。

貴方は自分の家にあがりこんできて、
言いたいことを匿名で語り続ける人を受け入れる度量がありますか?

彼女の...

彼女の言葉には意味があったのかもしれない。
メッセージもあったのかもしれない。
だけど、相手に説くには語るべき「言葉」があるのだ。