三国峠のクロソイド曲線

2017/1/9 月曜日

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

さてさて先日、大雪の中を三国峠まで行ってきたというお話はしました。実は、お目当てのひとつが三国トンネル群馬川手前にある「クロソイド曲線記念碑」でした。

日本で最初に道路のカーブに「クロソイド曲線」を導入したのがこの三国峠だったのです。昭和32年のことでした。道路マニアにとっては「聖地」と言える場所です。


実際に行ってみると、雪に埋もれて何が何だかさっぱりわかりませんでした。「クロソイド曲線」って何だ?と尋ねられてもさっぱり説明ができない自分がここにいるのと一緒です(笑)

説明できなくてもいいですから、高速道路などでカーブを運転する時に「うーん、いいクロソイド曲線を描いているなぁ~」とか呟いてみて下さい。周囲からきっと畏敬の念で見られること必至です。