The Beatlesのオリジナルアルバムリマスター化へ

昨年の年末、ライブの後にリュウちゃんと飲んでいた際、
「ポール・マッカトニーもまもなく70歳だし、プロデューサーのジョージ・マーティンも80歳を超えてしまった。彼らが元気なウチに、何とかビートルズのCDのリマスター化をして欲しいですね。今の技術なら、ずっと原音に近い音になるでしょう」という話になった。

そもそもビートルズのアルバムが初めてCD化されたのは1987年のこと(実は1982年にアルバム”Abby Road”がCD化されているが、すぐにメーカーに回収されている。当時、僕はこの現物を友人の家で目撃したことがある)。

この1987年という年は、ビートルズの最高傑作(個人的には異論がある)「Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band」のリリースからちょうど20周年にあたった。

このアルバムのタイトル曲にこういう一節がある。
「It was twenty Yerars ago today, Sgt.Pepper Taught the Band to Play」
(それは20年前の今日、ペパー軍曹がこのバンドに演奏を教えたのです)」。

この「20年」という数字こだわったのだろう。
当時、このCD化プロジェクトは、「Sgt. Pepper’s」発売20周年記念日(6月1
日)に同作品のCDをリリースするため、それにあわせるようにリリース・スケジュールを組んでいった。まず3月1日に初期の4タイトルがリリースされたのを皮切りに、各月に3~4タイトルずつ順番に発売されていったのだ。
090808_sgt
とりわけ「目玉」だった「Sgt Pepper’s」の発売日には、お茶の水の「ディスク・ユニオン」では派手な販売コーナーを組み、外に向けてガンガンCDを流しながらのお祭り騒ぎをしていたのを覚えている。

当時1タイトルの価格は3,200円。これはまだ大学生だった僕にとって大変ヘヴィーな値段だった。当時のアルバイトの時給の相場が680~800円という、そんな時代だ。

当時リリースされたCDのうち3月1日にリリースされた初期の4タイトル「Please Please Me」「With The Beatles」「A Hard Da’yS Night」「For Sale」は、それまで容易に入手できた国内レコード盤がステレオ(左右の音が分離している)バージョンだったのに対して、モノラル(左右の音が同一)バージョンとなっていた。

ステレオバージョンでは左右の音が「ボーカル」と「演奏」という具合に分離しすぎていて、間延びした感じだったけど、モノラルバージョンでは音の密度が濃くなって迫力が出た。このモノナル化については賛否両論あったけど、僕はこっちの音の方が気に入っていた。ただ、アナログ盤のステレオバージョンは珍しいものになってしまったので、後に自分で楽しむためにCDにした。

いずれにせよ今から22年前の技術によるCD化だから、原音の再現性の低さは否めなかった。1999年にはThe Beatlesの一部音源をデジタルリマスター化した「イエロー・サブマリン・ソングトラック」がリリースされたけど、その鮮やかだけどギラギラしておらず、臨場感のある音に驚いたものだ(あくまでも個人の感想)。原音をCD上に再現するリマスター技術は、確実に進んでいるんだなと感じたものだ。

それからさらに10年という時間がたったところで、本日「ビートルズの全オリジナルアルバムがリマスターCD化」というニュースが大々的に報道された。記事によれば....

ロンドンにあるEMIのアビイ・ロード・スタジオで4年かけてリマスター。最新のレコーディング技術に加え、ビンテージ機材も用いながら行なわれ、クリック音やボーカルの破裂音などは曲本来のイメージを損なわない限りにおいて修復したという。
また、リマスターに伴うノイズ除去においても、ビートルズの楽曲の重要性に鑑み、本来の持ち味をなくさないように行なわれ、作業チームによる度重なるチェックを経て「オリジナルのリリース以来、最も原音に近いサウンド」というCDのリリースに至った。

22年前にモノラルでリリースされた初期の4タイトルは「ステレオでの初CD化!」となり、期間限定でCDエキストラ仕様となり、各アルバムに関するドキュメンタリー映像がつくらしい。それと別に全タイトルをコンパイルしたBOXセットもリリースされるようで、そこには特典DVD(各アルバムのドキュメンタリー映像をオールインワンにしたもの)がつくそうだ。また、これとは別にモノラルバージョンによるBOXセットもリリースされるらしい。

ということで、昨年の飲み屋での「たわごと」が実現する。
9月9日が楽しみだけど、その前に7月11日のSimon & Garfunkelの東京ドーム公演も楽しみだなぁ、というところで今日はおしまい。

The beatlesリマスターCD公式サイト
(いきなり音楽流れるので、かなり驚きます)

コメント

  1. 若宮こさく より:

    これは多少無理してでも(セットで)買わなければいけないかな?

    おそらくは継続的に発売されるんだろうけど、
    それでもこの機会を逃すと、二度と手に入らないような気がする。

  2. とうとう出ますね!!
    どんな音でくるか・・・・・・

    ヘッドホンで聞いた時・・・・・
    大音量で聞いた時・・・・・・・
    「あの音」が再現されていたら(きっとされるでしょう)・・・・・・

    宗さん!!まずはラーメン食べに行きましょう!!

  3. spiduction66 より:

    >若宮こさくくん
    値段を推定してみたんですが、35,000円以上ですね。多分。BOXはありえますね。

    >ヌッキー@リュウちゃん
    ワクワクしますね。「あの音」って....もしや「あの音」ですか?何はとりあえずラーメンを食べに行くというのは賛成です。

  4. せろり より:

    ビートルズとは関係ないのですが、今日、かねてより探していた楽譜を手に入れることが出来ました!

    大宅壮一文庫というのがあるのは知ってました。そこに行けば多くの雑誌のバックナンバーが揃っているということも。
    今日、初めて行ってみました。

    ほんと、素晴らしいです。保存されている資料の充実もすごいですが、何よりスタッフが素晴らしい!
    利用者への思いやりが半端じゃないです。
    もう、感激しました。
    言われたことだけをする、ということが全く無いです。
    要求されてるのはこのことだけだけど、こういう情報もあるから、これも伝えてあげよう、というプラスアルファがあるのです。それが押し付けがましくなく。

    すごい、の一言です。

    とにかく嬉しい。だって諦めてましたから『ルームライト』の楽譜は絶対手に入らないと思ってました。ああ、やっと手に入れた!

  5. spiduction66 より:

    >せろりさん
    よく知っていますよ。以前会員でした。
    私もスタッフの熱心さには感激しましたね。「人の探しものを手伝う」ということが楽しくて仕方がないという方々でしたね。
    本当に好きで働いているんだなという印象を受けました。
    「ルームライト」って吉田拓郎ですか?

    大宅文庫を何に利用したかといえば、
    これを作るのに利用しました。
    http://members.ytv.home.ne.jp/shimoyamania/biblio.html

  6. せろり より:

    はい、吉田拓郎作曲、由紀さおりの歌っていた『ルームライト』です。

    下山事件ですか。謎の多い話ですよね。手塚治虫か誰だったか漫画化したのを見た覚えがあります。

    私もいつか真相を知りたいものがあります。

    ロッキードスキャンダルです。

    「アメリカに隷属している日本」というものから脱却しようと、田中角栄が中国との国交を復活させたりし始めたのに、激怒したアメリカが見せしめにお灸をすえたのだろうが、その後、日本の政治家たちは虎の尾を踏むのを恐れてアメリカの言いなりになっている。

    今回の金融危機も、何の咎も無い日本の労働者が失業したりするような目にあってしまっている。

    人々の思惑がどういう風に絡みあって、あのスキャンダルとなったのか、CIAというものの企画実行力を知る意味でも明らかになったらいいなぁ、と思ってます。

  7. せろり より:

    このくらいのサラッとした記述くらいが、今のところ限界みたいです。
    http://mainichi.jp/select/opinion/maki/news/20090317dde012070024000c.html

    日曜日に、通っているUSヴォーカル教室でカラオケ交流会があり、楽しいひと時を過ごしました。

    最後に歌唱賞とパフォーマンス賞の授与もあったのです。
    他に、オマケとして先生からの励ましの賞のようなものもあり、なんと、私が選ばれ賞状を貰ってしまいました!

    沢田研二の『ダーリング』を歌ったんですが、低音部がまだちゃんと出てないし、声を伸ばし続けるのもちゃんとは出来てないのですが、♪ダ~ー~リング と言うところなんか、みんなで歌って盛り上がったからだと思います。
    嬉しい!です。

    次はピンクレディの振り付けが出来るように頑張ろうかな。
    振り付け解説のDVDは持っているのです。チャレンジしたけど、なかなか大変ですぐ諦めちゃいました。全部できなくていいから、3分の1くらいでも出来るように頑張ってみようかな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください