ハンバーガーが....

羽田空港の第二ターミナルに遊びに行ってきた。

特に理由もないけど、子供らに飛行機でも見せてやろうと思ったのだ。

ちょっとお腹が減ってきたので、レストランに入ろうとして、仰天した。

「た、高い....」

フツーのトンカツ定食が2500円とか、何の変哲もないうどん定食が1300円とかしている。こいつはかなわんと思い、フードコートの案内板を見ていたら、ハンバーガーやフライドチキンなどのジャンクフードの店が最上階にあるではないか。

「おお、庶民の味方発見!」

というわけで、その店に行く。

そこはアメリカンダイナーを意識しており、ネオンライトこそギラギラさせていないものの、入口にはハンバーガーやらパスタやらホットドックやらフライドチキンやらの写真が飾られていて、いかにもそれらしい雰囲気だだった。

しかし不思議なことにメニューやサンプルや価格表がない。まあいいや、この手のジャンクフードならば、どんなに高くても700円~1000円というトコロが相場だろう。

ようやく席があいたので着席する。テーブルも椅子もフツーっぽくて、フツーの店である。

ところがメニューを見て仰天した。

おこさまランチ \1,500
ハンバーガー  \1,300
何とかバーガー \1,800
カルボナーラ・スパゲッティ \1,300
カレー \1,000
ステーキ \3,500.....

「うわ~」僕と家内が同時に言葉にならない呻き声を上げた。
「ボッタクリのキャバレーか!」僕がつぶやく。
でもここにはホステスはいない。

こう考えた。
ハンバーガーでも本当に美味しければ、1300円出してもいい。怖いピエロのオジサンが宣伝しているバーガーなら10個以上(?)食べれるわけだが、それとの比較は問題ではない。
今はとにかく「たかがハンバーガーごとき」に1300円を払う気にはなれないのだ。

失礼だが、この店の内装はフツーだし、椅子もテーブルも安物だ。ボリュームはそこそこありそうだけど、食べても1300円に見合う味は見込めないだろう。

店からの眺めがとりわけいいわけでもないのだが、最上階ということで、きっと空港ビルから法外な家賃をとりたてに来るのだろう。やむを得ず価格にオンしているに違いない。あるいは、陸の孤島である羽田をいいことにしてボッタクリをしているか、観光客相手にしているかのどれかだ。
メニューを表に出していないというのも、あるいはそういう理由なのかもしれない。

いずれの理由にせよ、こんな店に長居は無用だ。

というわけで店員を呼び、
「申し訳ないけど、アメリカン・ダイナーにしては高すぎる。他の店に行きます」
と行って出てきた。

そのあと、ブラブラ空港内のテナントを見て歩いた。全体的に価格は高めの設定だけど、7割ぐらいの店では許容範囲での上乗せしかしておらず、アノ店はちょっと特異だなと感じた。

結局羽田で食べる気をすっかり無くしてしまった。
いっぽうで、子供たちに前代未聞のこの事態の説明をしなければならなかった。子供たちがヘンに勘ぐってしまってもいけないからだ。親って、そのヘンの呼吸が難しい。

「いいかい、何でもそれに見合った値段というのがあるんだよ、これからそれを説明するね」

というわけで、はるかに素敵な場所へ移動した僕らは、お腹いっぱい美味しいものを食べたのだった。しかもアノ店で払ったであろうと同じだけのお金を払ってね。

ああ、アノ店の名前ですか?
営業の差し支えになるので、言わないでおきますね。
わかった人も、くれぐれもコメントらんに書かないでね。

この店が国内線のターミナルでよかったと思っている。
もしこれがアメリカ人のやってくるような国際線のターミナルならば....
おそらく国際問題に発展していたでしょう。

●追記
アナウンサーのおいかわまことさんの日記にも、あきらかに同じ店のことがクソミソに書かれてありました。僕らととても似た経験を昨年されています。

●後日談(12月1日)
代わりに言ったお店(その街)で、食後に応募券をもらったので、キャンペーンに応募したところ、アサヒのスーパードライ1ケースが当たった。人間万事塞翁が馬。

コメント

  1. 羊子 より:

    ひょえ~、羽田空港で食事をしたことはないけど、そんな値段の世界なんですか・・・高級ホテルのレストランでもあるまいに、トンカツ定食が2500円とは。ハンバーガーごときに1300円も・・・はまさに同感です。たとえ松阪牛使用とかだったとしても、基本的にジャンクフードだと思っているハンバーガーにその値段は大幅に許容範囲外ですな。某Mドナルドでも一番安い奴しか食べないのに(爆)

  2. spiduction66 より:

    >羊子さん
    松坂牛だとしてもいらないね。
    だって「ジャンク」だものね。
    むかし奈良の「そごう」で一杯10万円のコーヒー(金箔入り)があったよね。あれを思い出したよ。

    もしかしたらアソコは「これはこういう値段がフツー」という一般常識をそれなりの確率で崩壊させる場所なのかもしれないよ。

    心の誓い
    旅行以外では二度と行かない。食べない、買わない。

  3. M浦 より:

    ひどい話ですね~。
    でも私は小心者なので、一度席に着いたら我慢して食べてしまいそうです。
    田舎は食べ物の値段が安いので、あまり嫌な目には会いませんが、都会は怖いですね~。

  4. spiduction66 より:

    僕も大概小心者だけど、こればかりはひどいと思ったよ。
    メニューがなくていきなり1300円ですからね。バカにするのもいい加減にしろと思った次第。都会でもここまで酷いのはココぐらいじゃないかな。最初からこんなコンセプトで店をやろうというのが間違っているよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください