祖母の大往生

今さっき、杉並の祖母の家から帰宅。
祖母は実に安らかな死顔をしていました。

4月中旬まではとても元気でした。
病床で「定額給付金を貰ったら、一度エステに行ってみたいわ」なんて言っていたそうです。
4月20日ごろから体調が悪化し、
点滴の作用もあって、こんこんと眠り続けるようになりました。
「もう目覚めることはありませんが、耳は聞こえています」
とお医者さんから言われたので、
「おばあちゃん、そっちへ行ったらだめですよ、そっちは彼岸ですよ」
と何度も呼びかけました。
それに反応してか、祖母は眉をひそめました。
長女は”ひいおばあちゃん”の手をずっとさすっていました。

心臓が強かった祖母は、それでも10日間頑張りましたが、
4月30日23時21分、眠るように亡くなりました。
享年95才、大往生でした。
2.26事件当日の東京目黒の大雪の話」
「福山から井原へ引っ越した翌日が福山大空襲だった話」
米騒動の話」が忘れられないものになりました。

ぎりぎり臨終に間に合わず、
最後を見届けられなかったことが悔やまれてなりません。

コメント

  1. 若宮こさく より:

    大往生ですね。

    故人の御冥福をお祈りします。

    合掌

  2. マサトシ より:

    大往生とわかってはいても別れはやっぱり寂しいものすね。
    ご冥福をお祈りします。

  3. himko より:

    これからは天高くから、ご親族の皆さんを守ってくださることでしょう。
    暫くはお別れになりますが、あちらの世界に行った時、会いたい人には会えるのだと、丹波哲郎が映画「大霊界」で言っていた言葉を、私は信じています。
    3つの時代を生き抜かれたおばあ様、万歳!!

  4. 匿名 より:

    寂しくなりますね。

  5. spiduction66 より:

    >こさくくん
    ありがとうございます。
    激動の時代をこれだけの長生きできたのですから、本望だったと思います。

    >マサトシさん
    ありがとうございます。
    体は弱りつつありましたが、ギリギリまで元気でした。
    3月には湯河原に旅行に行っていたぐらいですから。
    唐突な喪失感が大きいです。

    >himkoさん
    ありがとうございます。
    あの世でも祖父と楽しく暮らすことを、僕も祈っています。
    祖父と腕を組んで歩くという、当時の人としては珍しい夫婦だったそうです。

    >匿名
    ありがとう。
    明治45年生まれの家内の祖母がまだ健在なので、なおいっそうのおばあちゃん孝行をしたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください