ムッシュかまやつ Live at “The Road And Sky”

長年の間、邦楽アーチストの中ではダントツに神のように尊敬申し上げていたにもかかわらず、一度たりともそのお姿をお目にかかったことがなかった。ズルいことに僕の妻は京都の新京極の雑踏の中で彼がボーッと立っているのを見かけたことがあるにもかかわらず、だ。

その人の名は「ムッシュかまやつ」。

こんなスゲー人が金沢文庫にやってきた。しかも赤い電車に乗って....金沢文庫駅からフツーにタクシーに乗って会場にやってきた。場所はThe Road And Skyというレストランバーだ。オープン8周年の記念パーティーにゲスト出演というふれこみらしい。

金沢文庫なのにサーファー御用達(らしい)のその店は、見るからに70年代ウェストコーストの雰囲気がある。ムッシュといえば60年代ブリティッシュのイメージが強いんだけど、オーナーの知り合いがムッシュの知り合いという関係で、この5年ほど開店○周年記念パーティーには必ずかけつけているらしい。「灯台もと暗し」とはこのことで、まさか御大がこんな近所でライブやっているとは想像だにしなかった。まあとにかく店内に入る。お店のお客さんの大半が常夏&常連という雰囲気で、「サーフィンやってます!」という感じだったが、中にはそれらしくないのがいて(僕とかね)、そういうのは大体「ムッシュが来る」ということだけでよーわからんままに押しかけていたようだ。

まずはTESTRIDERSのステージ。湘南を中心に活動する結成20年のベテラングループ。メンバー全員が現役サーファーで、その筋では大変有名なバンドなんだそうだ。音楽的にはオリジナルだけど、70年代のウエスト・コーストサウンドっぽくてRy CooderとかJackson BrownとかLittle Featとかが入っていた(あるいはRolling Stonesも入っていたかも)。とっても手堅いサウンドのバンドで、いきなり店内が盛り上がった。えっ、誰だい「サーファーのバンドならベンチャーズでテケテケじゃないの?」って言っている人は。そりゃあ僕が生まれた頃はそうでしたけどね。
TESTRIDERS
そして休憩時間に店内をブラブラしていたら、スパイダーズのメンバーが写っている古いアルバムを他のお客さんに見せている年配の女性がいらっしゃった。強引に割り込んでお話を聞けば、リアルタイムでスパイダースの追っかけをやされていた方とのこと。メンバー一人一人のショット(しかも直筆サイン入り)や、1966(昭和41)年のファンの集いでマザー牧場に行った時の写真、日劇ウェスタンカーニバルのステージなど珍しいものばかりだった。この頃のスパイダースといえば、まだ「夕陽が泣いている」でブレイクする以前で、まだまだファンと密接だった時代のものばかり。とても貴重だった。ちなみにこれは許可を頂いて撮影させてもらったファンクラブ会員証。
ザ・スパイダースファンクラブ会員証
なお。当時の彼らの事務所はSpiduction(スパイダクション)で、これが僕のHNになっているわけだが、一連の写真は1966年のモノが多く、まさに「スパイダクション66」だった。

この方もバンドをやっているらしくて、Spring Showerという名前でBlue Jayにも出演しているらしい。Blue JayといえばリョウちゃんのThe Losebeatの定期ハコだからして、今後も不思議な縁に期待したい。

と、こんな感じで話しているそばをノソノソ横切るようにして突然ムッシュが登場した。おん年68歳(!)、黒のロングコートに毛糸の帽子を被った御大は、ギターを抱えて若干背中を丸めながらゆっくりステージに近づいてゆく。その姿はまるでギターを杖にした哲学者のようだった。
ムッシュかまやつ
初めて生で見るムッシュだった。しかも距離にしてわずか2m足らず。僕は「ムッシュー」と叫びながら彼の音を全身に浴びていた。「バン・バン・バン」や「ゴロワーズ」などのオリジナルをやるかと思えば、「Rolling Stonesやろうか」とか言って「Walking The Dog」「Susie Q」なんかもやっていた。
ムッシュかまやつ2
基本的にレストラン&バーだから、店内のライブは外部にまる聞こえだ。ムッシュの姿をもっとよく見ようと、お店の外へ出て歩道で踊っている人もいる。どうもそんなこんなからか「騒がしい」と近所から通報があったようで、ステージも佳境の時、お店の外(国道16号線の歩道)に警察の方々が集まりだした。丁度Rolling Stonesの「Satisfaction」の最中のことだった。その時にデジカメで撮影した動画がコレ。

お店のオーナーがすっ飛んでって警察官に説明していたけど、考えてみればこれは最高の演出。店内はさらに狂乱状態となってしまった。ムッシュといえば、ベルリンの壁が崩壊した際、偶然ベルリンにいて、壁の上で「バンバンバン」を歌ったことがあったけど、「偶然」を音楽の力に変えてしまうことにかけては強運の持ち主じゃないかと思う。だからこそ浮き沈みの激しい芸能界で47年(!)も生き残ってきたのだと思う。
070311_police.jpg
外の雰囲気に気づいたムッシュは、お次は名曲「どうにかなるさ」を、わざと小声でコソコソ歌ったかと思えば、店の外で警察官と話しているオーナーに対して「しっかり(警察署)行って事情を説明してきてね~」などと言っていた。
ムッシュかまやつ3
最後はアンコールに次ぐ強制アンコールで「Johnny B Good」で終了。
ムッシュかまやつ4
いい年の重ね方をしている人だと思った。「若い者には負けんぞ」的な気負いもなく自然体なのにカッコいい。ヘンに「ワル」を気取らなくても「ワル」主張しなくても、「ワルガキ」の雰囲気が出ていた。
真のミュージシャンだと思った。
最後にステージを去る時、皆に混じって御大の背中に触れた。通りすがりに上品な香水の匂いがした。御大、また見に行くからね!

コメント

  1. WTBtai より:

    すご~~い!生番組見てるような迫力ライブレポートですね。

    「スパイダクション66」の由来がやっと理解出来ました。
     遅い!っておこられそうですが(笑)

    ムッシュかまやつさんは私にとって言葉を交わし、一緒に飲んだ只一人の有名芸能人です(^^)
    当然本人にはとうに忘れ去られていると思いますが・・・・

    何気ない、かまえない自然体のムッシュが本当に素敵です・・・
    警官が現れるあたりは何かロックっぽくて、嬉しいですね☆

  2. おーー素晴らしい!!
    警察を軽くいなす所が大人だ!!
    酔っ払って、警察とまともに喧嘩する馬鹿とは大違い(笑)!!さすがに大物です。
    「Spring Shower」というバンド・・・BlueJayの小言の多いマスターに聞いてきます。
    かまやつさんが出演されたこのお店・・・実は私の実家のすぐ近くなんですよ・・・

  3. spiduction66 より:

    >WTBtaiさん
    マジすか。御大と飲んだとは素晴らしい!羨ましい!
    どういう経緯かはまたゆっくり聞かせて頂きます。
    ムッシュって何かその辺の居酒屋で背中丸めて飲んでそうな雰囲気がありますね。でも僕はきっと緊張して声掛けれませんなぁ~。何て話して良いやら,,,「HNをspiduction66にしてからはや10年です」。と語りかけようかな。

    >リュウ@Losebeatさん
    警察と喧嘩....それって例の一件?(笑)
    taiさんもそうですが、ウチの伊澤センセはムッシュのバックコーラスをやったことがあります。一言二言会話したそうです。何で僕の周囲は皆さんそうなんでしょう。
    それはさておき、Spring Shower。ご本人はBlue Jayのライブスケジュールにものらないバンドだなんて謙遜されてました。でもあのマスターの口から出るということは、実力派?ライブ誘われたんですが期待してます。
    The Road & Skyは古着屋もやってて面白いお店です。だんだん能見台よりに店舗を拡張しているような気がします。

  4. testriders より:

    テストライダースです。テストライダースの評価アリガトウございます。ムッシュとは ロード&スカイで3回一緒に遊ばしてもらいました。ムッシュは、もう メチャクチャ良い人です。ライブの前には、二階でその日の出演バンドの皆と食事&アルコールなどで 盛り上がるんですけど 唯一ムッシュは、汗を拭くときは、必ず頭を抑えながらふきますね。これは、禁句かな。アハハハハ。でも、ムッシュはサイコーデス。いつまでもロックンロールをまっしぐらにすすんでいます。ムッシュサイコー。

  5. spiduction66 より:

    >testridersさん
    どうもです。その節は楽しませて頂きました!
    ムッシュと飲めるなんてウラヤマシー!
    お話のとおりで、きっと気さくな人なんだろうなと思います。でも根っからの「ワル」なんだろうなとも思ってます。それと「アノ件」はもちろん禁句でございますよ(笑)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください