パンクと桜と...

2007/10/7 日曜日

日曜日の話。
東名を厚木ICで降りて小田原厚木道路を走り始めた直後のことだった。突然車の周辺で「ゴーッ」というヘンな音が鳴り始めた。

直後は「厚木飛行場のジェット機の音かいな?」と思っていたのだけど、どうも様子が違う。
次第に車がガタガタいい出した。
「おい、こりゃパンクだぞ」

あわてて速度を落とし、非常電話のある待避所みたいな場所に停車する。降りて見てみると、右側後輪がものの見事にパンクしていた。

よっこらせとスペアタイヤへと交換する。パンクしたタイヤをよく見ると溝の部分に金属の破片が深く食い込んでいた。

実はこの2日前、僕は横浜新道を走行中、狩場~戸塚間でたてつづけに2台のパンク車を見た。その際に「こりゃあ何かがバラ撒かれたな、ヤバいヤバい」とは感じていた。

でもまさか...と思う。
何しろその翌日(パンクの前日)には首都高を東京まで往復して、さらに鎌倉まで走っている。そして今日は東名高速を走行している。逆に言えば、パンクのタイミングが小田原厚木道路なんていうマイナーな道路でよかった。ここは速度制限70km以下&覆面さんワンサカの道路だからね。ヘンに飛ばしてパンクした日には....ゾーッ。

いずれにせよ20年ばかり運転しているが、こういう経験は初めてだった。

いかにも頼りなさげなスペアで走り続けるのも怖いので、家内に携帯で近くのタイヤ館を探してもらう。
すると平塚市の「根坂間」という場所にタイヤ館があるようだ。電話をかけてみると小田原厚木道路からそう遠くはない。教えられた道案内を頼りに行ってみる。
助手席では家内が「根坂間、根坂間」と唱えながら地図とにらめっこしている。

タイヤ館でタイヤを診断してもらうと、すでにタイヤ内のワイヤが断裂しており、買い換えるしかないようだ。思わぬ出費がイタタタタ。

気を取り直して、小田原へと向かう。
これが見たかったからだ。
長興山 しだれ桜
(長興山のしだれ桜)

これも見たかった。
小田原城の夜桜
(小田原城の夜桜)

というわけで、桜の美しさに酔いしれた我々は。すっかりパンクのことも忘れて、ニコニコしながら帰りましたとさ。

そんなお陰でこんなネタをUPするのもすっかり忘れていたところだったが、今日になってあるニュースを見て思い出した。

「コンビニエンスストアで万引きをしたとして、神奈川県警平塚署は5日、ロス銃撃事件で殺人罪などに問われ、無罪が確定した同県平塚市根坂間、会社役員、三浦和義容疑者(59)を窃盗容疑で逮捕した。」

タイヤ館のご近所だったようです。