スターボー

たとえば食事中に「唖然とする」ような事態になったとする。
“半開きの口の中にご飯を入れたまま、体がフリーズする”
そんなマンガみたいことは滅多にないはずだ。

それを1度ならず2度まで経験させられた人たちがいる。
その名を「スターボー」という。

高校生のある日、食事しならTV(おそらく「TVジョッキー」)を見ていたときのことだ。

アシスタントの女性が、
「今度デビューした”スターボー”の皆さんです」と紹介した。

カメラに映ったのは宇宙人っぽいコスプレに、ボーイッシュな髪型の3人組の女の子。3人とも腕組みをして両足を肩幅以上に広げて立っている。ニコリともしない堅い表情。
そして真ん中の女の子が閉口一番、押し殺したような低い声でこう言った。

「我々は○○惑星から来た、スターボーだ」

その瞬間、僕はご飯の入った口を半開きにしながら、唖然とTV画面を凝視していた。その三人のアイドル・グループは「宇宙から来た」という設定を、演じきっていたのだ。

やがて彼女たちは歌いだした。彼女たちの音楽がテクノ系だということはわかった。当時はYMOがブームで何でもかんでもテクノの時代だったからだ。だけど「テクノ=宇宙」という発想が僕には理解できなかった。

これは後追いの知識だが、彼女たちは”太陽系第10惑星「新惑星スターボー」から地球にやってきた宇宙三銃士”だった。その目的は「地球人にA.I (愛)を伝える」こと。なお、彼らの星には性別がない。それが理由なのかどうか不明だが、彼女たちは男口調で喋る、歌う、しぐさする.....アイドルとは「演じること、演じきること」なのだけど、それを極限までおしすすめたのがこの3人だった。

それから数ヶ月も経っただろうか、また食事をしながら音楽番組を見ていてスターボーに「遭遇」した。
まず、アシスタントの女の子がこう言った。
「スターボーの皆さんがイメージチェンジしました(注:本当にこう言った)、それではどうぞ!」
そこにはフリフリのスカートに、当時ハヤリの聖子ちゃんカットの3人が、満面の笑みをうかべて立っていた。そして3人揃ってこう言った。
「こんにちは!スターボーでぇ~す!」
あんぐりと口を開きながら、僕が再びフリーズしたのはいうまでもない。

その後、彼女らの記憶を封印したまま、15年以上が過ぎた。
高校生だった僕は、CDショップの店長となっていた。
ある日、P-Vine Recordのカタログを見ていたら、
「テクノ歌謡コレクション:ポリドール編 ハートブレイク太陽族」のリリース情報があった。
スターボー
そのジャケットを見た瞬間、これらの記憶が鮮やかによみがえってきた。

僕の頭の中だけではなく、このCDのリリースを機に「スターボー」の名はバブル崩壊後の社会にも一気に浮上した。開いてはいけない日本芸能界のパンドラの箱が開かれてしまった。同時体験者たちが日常の暮らしの中で意図的に封印しようとした記憶が白日のもとに引き出されてしまったのだ。それだけではない、いわゆるカルトミュージックばかりを追いかける連中、テクノ・ミュージックのルーツを追い求める連中、そういった重箱の隅を突っつくひとたちの熱狂的な支持によって、彼女たちの唯一のアルバムまで再発されてしまった。

おかげで様々な情報が僕の脳内に流入した。15年以上前に僕が見た歌が「ハートブレイク太陽族(1982)」というタイトルだったこと、作詞が松本隆、作曲が細野晴臣という”はっぴいえんど”コンビだったこと、イメチェンをしたのは次のシングルで、そのタイトルが「たんぽぽ畑でつかまえて」だったこと、結局1枚のアルバムと3枚のシングルで芸能界から消滅してしまったこと....

昨日ある人とこの話になった。80年代後半のアイドル音楽通のこの人も80年代前半のこの「事件」は知らなかった。そこでためしに2人でYoutubeをチェックしてみたところ、何と動画がUPされていた。


だけど、これは僕が見たスターボーとはかなり違う。こんな笑顔は一切なかったし、もっと低音の男っぽい口調で話していた。きっと僕が見たスターボーは宇宙から来たばかりだったのだろう....日本の芸能界(ここもある意味宇宙的な世界ではあるが)で目的を遂行するうちに、腰の低さや愛想笑いというものを会得していったのだろう。あるいは番組出演時に芳村真理・井上順の異次元的な空気に呑まれたのかもしれない。ちなみにイメージチェンジ後の映像も現存していた。おそらく「タンポポ畑でつかまえて」に続くシングルだったのだろう。曲名は「サマー・ラブ」。

「去年の冬は流行りのポーチにショートヘアで、原宿あたりで踊っていたけど」という歌詞を聞いて、「あれ、宇宙にいたんじゃなかったっけ?」と思う貴方は正常だ。
たとえその疑問そのものが非日常的だとしてもだ。

80年代は泡沫アイドルの時代でもあった。
リアルタイムでは明らかにマーケティングのミスに終わったかようにみえたスターボーだが、こうやって今も語られるとこを見ると、本当は宇宙的な視点で25年先を先取りしていたのかもしれない。

参考サイト
スターボー資料館
○from IDOL POPSより「Starbow1
○CDジャーナルのニュース
宇宙からやって来たアイドル、スターボーの唯一作が曲追加&紙ジャケ仕様で復刻!

追記:彼女らの情報で圧倒的に欠落しているのは、「誰がこれを考えたか?」ということ。何となくホリプロの匂いを感じるスターボーだが、所属事務所も不明だし、彼女らのその後の消息も不明だ。当時16歳として現在40歳。どこでどうしてらっしゃることやら.....

コメント

  1. dawase86 より:

    スターボーで検索したらこちら辿り着きました。
    突然、僕たちの目の前に現れ、鮮烈な印象を残して
    消えていったスターボー。
    仰るように、>「誰がこれを考えたか?」
    そして、彼女達はいったい何だったのか?
    今でも気になります。
    ささやかにスターボーを応援していきたいと
    (今、復活したら、マニアが凄いでしょうね)
    思っています。

  2. spiduction66 より:

    >dawase86さん
    おっしゃるとおりです。
    突然現れて、突然消えてゆきましたね。彼女たち。
    振り返ると様々な疑問がありますが、もうひとつ言うのであれば「今どこで何をしているか?」ですね。
    復活を期待したいとこではありますが、場末のスナックでママをやっている僕の同世代の女性、というイメージの方が何かワクワクしてしまうのです。

  3. dawase86 より:

    スターボーとは全然、関係ないのですが
    管理人さまは下山事件HPの作成者でもあったのですね。
    奇遇なことに以前から拝見させていただき、書き込み
    もしたことがあります。
    私も下山事件には大いに興味がありまして・・・
    失礼ながら類は友を呼ぶということでしょうか・・・

  4. spiduction66 より:

    >dawase86さん
    トラバありがとうございます
    某ヘタレサイトもご訪問、カキコありがとうございました。
    (残念ながらBBSは落ちました)。類は友を呼ぶんですね。
    でもスターボーと下山事件は「誰が真実を知っているのか?」という点で同じベクトルにあると思いませんか。

  5. 匿名 より:

    ぐぐってここにやってきたスターボーファンです。後追いの。
    所属事務所の件ですが、参考リンク先の地球人化後にリリースされたと思われるイメージビデオの裏ジャケに「協力:研音」とあるので、おそらく研音に所属していたのではないでしょうか?
    ちなみに同世代では中森明菜も所属していたようです。
    http://page.freett.com/bakabomb/starbow1.html

  6. spiduction66 より:

    >名無しさん
    情報ありがとうございます。
    研音でした。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%94%E9%9F%B3
    「宇宙三銃士スターボー」の名前があります。

  7. やまた より:

    スターボーで検索して、こちらにたどり着いてしまいました

    ローカルな話になりますが、長崎のAMラジオ局の「思い出の花束」と言う番組によくスターボーの話題が出ます。80年代アイドルの徒花……いや、最先端を行き過ぎたアイドルとして紹介されていました。

    しかも渡辺美里・小室哲哉特集を逮捕による差し替えでスターボーをリスペクトする内容を放送する始末……じゃなくて姿勢、ちょっとびっくりです。

    どうもお邪魔いたしました

  8. spiduction66 より:

    >やまたさま
    コメントありがとうございます。
    その長崎のラジオ局、昨日のオンエアだったと思いますが、そのセンスがとってもナイスですね。うらやましい限りです。
    80年代初期~中期は、嫌になるほど泡沫アイドルが登場しまくっていました。そういうアイドルだけでもDVD化して欲しいぐらいです。
    今もスターボーがこうやって愛されていることを思うと、研音事務所の戦略は当たっていたと考えざるを得ませんね。

  9. スターボー より:

    今は地元でスナックのママをしてますよ。

  10. spiduction66 より:

    >スターボー
    ありがちな展開ですが、マジですか?

  11. カナリア より:

     こんばんは。私は69年生まれの主婦ですが、高校生の頃、埼玉県の川越市にスターボーの誰かが住んでいる、という噂がありました。

  12. spiduction66 より:

    >カナリアさん
    知りたいという気持ちと、そっとしておいてあげたいという気持ちの葛藤に悩まされそうな情報をありがとうございました。

  13. 774 より:

    偶然デパートのイベントで見た事があります。
    ものすごいインパクトでした。
    誰もレコードを買おうとせず、何度も「よろしくおねがいします!」と頭を下げていた3人が哀れでした。
    それで優しい男性が一人か二人、レコードを買ってあげていました。売り上げはそれだけ。

    MCでも堂々と「スターボー星から来ました!」と宣言していました。
    たまたまデパートにいた観客には楽しめる余裕などなく、ただただ3人の真面目さがすごく可哀想で、こんなあり得ない事をさせる芸能界の恐怖すら感じました。アリスのチャンピオンも唄っていました。
    未だにすべてが忘れられません。

  14. spiduction66 より:

    >774さん
    コメントありがとうございます。永年生きていますが、生でスターボーを目撃した方の証言というのは初めてでした。大変貴重な体験談ありがとうございました。
    「可哀想で」「芸能界の恐怖」というくだりには大変ドキリとしました。最初から方向性が時代と完全にズレていたところが、いつまでも記憶に残るアイドルとなったのでしょうね。

  15. 匿名 より:

    私は小学四年生でしたけど、
    私も二度びっくりしました。

  16. M Y より:

    小学校高学年だったと思います。
    当時長崎に住んでいたのですが、毎週日曜日に電話リクエストのラジオ番組があり ランキングが発表されていました。
    完全なリクエスト数でのランキングなので長崎出身とか九州出身者が有利で
    スターボーも上位に居ました。
    なぜかというとメンバーの1人が長崎の諫早出身だったから!!
    ある週には メンバーのお母さんも電話でインタビューを受けていましたwww

    • spiduction66 より:

      MY様
      貴重な証言ありがとうござういます。この記事が時々異様にアクセスが増える事がございまして、みるとテレビなどで「スターボー」が話題になった時なんですね。今でも大勢の心に刻まれているんだなぁと思いました。
      改めてWikipediaを確認したら、いつのまにかに記事が充実しており、ホントに諫早でスナックをされていることがわかりました。
      そこで思ったのですが、2009/7/11にコメントを頂戴した「スターボー」さんは、ご本人だったのかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください