時限爆弾

今日出先にharuさんから電話がかかってきて、「(MTRの)D1200の音が出ない」とのこと。Cスタジオではオーディオとコイツとをケーブルで結んで音を出している。自分の歌を録音してCDが作れるのだ。

昨日僕があれこれ操作したので、その影響かと思い、電話で指示する。

「上の方にトリムというノブがあるけど廻してみて」
「廻してますが、出ません」
「白いスライダーを太い線まで上げてる?」
「あげてますが出ません」
「赤のスライダーは?」
「あげてます」
「仕方がない、D1200を外して上のオーディオだけで音を出そう」
「どうしたらいいですか」

「D1200の背面にある白と赤のコードがあるよね」
「あります」
「それを抜いて」
「ハイ、抜きました」
「んじゃ次にオーディオの背面に二本の黒いコードがあるよね」
「あります」
「それを抜いて」
「はい、抜きました」
「信号をループさせるから、オーディオの背面の、いま黒を抜いた穴にさっきの白と赤のピンの先っちょを差し込んで.....」
「あっ、出ました」

電話しながら思った。
映画にありそうなシーンだ。

電話で指示してヒロインに時限爆弾の解除をさせるやつ。

(あとで気付いたのだけど、単にD1200のボタンを一個押せば済むことだった。どっかーん)

コメント

  1. より:

    爆弾解除、あれは、なんで爆発しないんでしょうか?
    爆発するシーンを見た事がありません。(笑)

    私は毒舌爆弾発言ばかりで、
    いつもクチで損するタイプです。(涙)

  2. spiduction66 より:

    >石くん
    それは爆発させてしまうと映画が終わってしまうからだよ(笑)。でもそういう観客の期待を裏切る映画も面白いだろうね。毒舌は確かに損。それで恨みに思われてたらバカバカしい。僕も後悔してばっかり。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください