Forever ライブ at 磯子区役所(浜マーケット復興支援コンサート)

弁護士の仕事が長引いてしまったため(あっこれ、判る人にだけ判るネタです)、磯子区役所に駆けつけた時はすでに20分ほどOVERしていた。haru先生も生徒を見守るためにやってきた。

Foreverの皆さんのステージはすでに始まっていた。ノリちゃん、マリちゃん、ミエちゃん、キミちゃん、セッちゃん、そしてたまたま連続した時間にレッスンに来ていたことが縁で新たに仲間に加わったカズちゃんによるアカペラ・グループだ。今回のステージは日替わりで行われている「浜マーケット復興支援コンサート」の中の木曜日の出演となった。
070614_02.jpg
今年の4月27日に放火によって17店舗が消失した浜マーケットの活気を取り戻そうというコンサートだ。
大勢のお客さんで満員の公会堂集会室、曲は
“亜麻色の髪の乙女”
“川の流れのように”
“見上げてごらん夜の星を”
“世界にひとつだけの花”
“ランナウェイ”
“真っ赤な太陽”
といった具合に進んでいった。
Forever
メンバーの皆さんの許可を得てYoutubeにUPした動画がコレ(デジカメ撮影なんで粗いです)。

前にも書いたけど、彼女たちは本当に近年まで極めてフツーの主婦で、ハモネプ・ブームの時に「いっちょやったろう」と決意して、グループを結成した。そしてこうやって人々を励まし、人々を癒し、人々の心を揺さぶる音楽を生み出している。これはとても素晴らしいことだと思う。

どんな年齢でも、どんな状況でも、どんな辛い時でも、そこに声があれば、そこから音楽は生まれてゆく。そんな基本的なことを改めて教えられたコンサートだった。

なお次回の出演はこんな感じ。

“磯子区民による音楽&ダンスの夏フェス”
日時 :7月22日(日)
開演 :18:00~18:30
場所 :杉田劇場
出演:Forever他4アーチスト
入場料:\1,000
主催:イマージュ磯子実行委員会
後援:tvk、FMヨコハマ、横浜市ケーブルテレビ協議会

そしていよいよ横浜南校Acoustic Style 2007(7月29日 金沢文庫Blue Moon)にも出演するぞ!

ライブが終わった後、haruさんと別れて浜マーケットを訪れた。
浜マーケット
焼け落ちた鉄骨の屋根が痛々しい。12年前の阪神大震災の長田商店街の悪夢を思い出した。
長年にわたって一生懸命働いてきたのに、心無い人間の行為でお店を失ってしまったお肉屋さん、靴屋さん、豆腐屋さん、古本屋さん.....

でも道端におかれた花、花、花.....この街は生きている。
そして残りの何十店舗かは、いまでもこうやって活気のある、懐かしい風景をのこしてくれている。
浜マーケット
浜マーケットへようこそ!!」blogによれば、いよいよ復活へ向けての前向きな話し合いが始まったらしい。

早く昔の姿(といっても新しくなるわけだが)になってくれることを祈りつつ、街をあとにした。

コメント

  1. より:

    このニュースは私も心を痛めました。
    特に、お爺さんお婆さんが経営してるお店においては
    まだ心が折れていないのなら
    頑張ってもらいたいものです。

  2. spiduction66 より:

    >石君
    まったくその通りです。
    この方々が辿ってきた苦難は想像に絶するものがあります。それを一人の不心得者がぶち壊してしまうなんてことがあったわけですから。早く立ち直って欲しいと思います。個人的には古本屋さんが一番気の毒でなりません。代替のきかない「文化」が焼けてしまったのですからね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください