The Losebeat Live at Blue Jay (2007/7/7)

2007/10/7 日曜日

The Losebeat 7月度定期ライブに行ってきた。
場所はまたもや戸部のBlue Jay
Blue Jay
何人来るのかさっぱりわからなかったけど、結局フタを開けてみたら、僕、Chiy先生、makoto、イツキ君、N-O-Nちゃん、そしてフトした縁でお知り合いとなった駅前校のK.Yamさん母子の7名が集まった。
Blue Jay
Blue Jay
Blue Jay
Beatlesトリビュート・バンドにとって音楽面や視覚面での究極の目標は「いかにオリジナルに近づけるか」だ。だから彼らのステージ演出にはちゃんと理由がある。
竜ちゃん
なぜ竜チャン(John)は足を開いたポーズでギターを演奏するのか?

スッチ
なぜスッチ(Paul)は両足を揃えてベースを弾くのか?

久保っち
なぜ久保っち(George)は演奏中にダンスを踊るのか?

アンちゃん
なぜアンちゃん(Ringo)はドラムプレイ中に頭を左右に大きく揺らすのか?

なぜ竜チャンはネクタイをゆるめてシャツの第一ボタンを外しているのか?なぜ久保っちは「I’m Only Sleeping」の途中でアクビをするのか?なぜ竜チャンだけ「シェア・スタジアム」スーツを着るとき前ボタンをすべて外しているのか?なぜ竜チャンは下ネタが多いのか?札幌で竜チャンに何が起きたか?....一部を除いてすべてに理由がある。
リッケンバッカー325
そんな理由の数々、そして日々の練習もさることながら、Losebeatの凄さは、ライブに来たお客さんを徹底的にもてなして楽しませてしまう力だ。絶妙なステージトーク(台本もシナリオもない!)、誕生月のお客さんのための「Birthday」の演奏とグッズのプレゼント、そしてBlue Jay2Fの牛ジローでの打ち上げ、さまざまな交流イベント....こうした活動がいつもライブハウスを満員にしてしまう理由だし、不動のメンバーで19年活動して来れた理由なのだと思う(実際に19年来のファンの方がいらっしゃる。ねぇ、taiさん!)。そして年を重ねるにつれて、どんどん「磨き」(ちなみに竜チャンはこういうキーワードにも食いつきます)がかかっているところが凄い!

僕もとても勉強になるし、ミュージシャンを目指す人ならば、たとえ音楽の方向性が違っても、自分の個性の出し方が違っていてもいいから、一度は観にゆくべき。

なお、7月28日には、ビートルズ・トリビュートバンドの殿堂である六本木の"Abby Road“にも出演する。
出演 : The Losebeat
Open 18:00 START 19:30
料金 \2,500(with 1 Drink)
Tel : 03-3402-0017

行きてぇ~!でも翌日Acoustic Liveだぁ~。

んでもって今回のセットリストです。

1st Stage (19:00-)
1:Help!
2:Ticket To Ride
3:Baby, It’s You(BBC風Version)
4:All My Loving
5:Devil In Her Heart
6:I’ll Cry Instead
7:Act Naturally(本日はRingoの誕生日のため、Ringo=アンちゃんのソロが多かった!)
8:It’s Only Love
9:Things We Said Today
10:You’re Gonna Lose That Girl
11:She’s A Woman
12:Slow Down

2nd Stage (20:00-)
13:Twist & Shout (Live Version)
14:I Should Have Known Her Better
(A Hard Day’s Night"のGeorgeのダンスつき)
15:Anytime At All
16:What You’re Doing
17:Eight Day’s A Week
18:If I Needed Someone
19:Octpus Garden
20:You’ve Got to Hide Your Love Away
21:Drive My Car
22:I’m Only Sleeping(逆回転ギターをクボちゃんが生演奏!凄い!)
23:Rain(逆回転コーラスをメンバーが歌う)
24:Long Tall Sally

3rd Stage (21:00-)
25:Back In The U.S.S.R
26:Don’t Let Me Down(カッコエー!)
27:Wait
28:And Your Bird Can Sing
29:Birthday
30:Yellow Submarine
31:Can’t Buy Me Love
32:I’m Happy Just to Dance With You
33:From Me To You
34:Night Before
35:I Feel Fine
36:A Hard Day’s Night

Encore Stage (??:??-)
37:You Can’t Do That
38:Kansas City(Hey,Hey,Heyをお客さんも熱唱)
39:I Wanna Be Your Man
40:I Saw Her Standing There(時間ギリギリの追加アンコールだったのでアップテンポ)

この後は恒例のBlue Jay 2Fの「牛ジロー」の打ち上げにも参加。最高の塩ユッケなどを肴にして、竜チャンと深いような深くないような、意味があるようなないような音楽話に花が咲いたのでした。

帰りの車中は午前2時前。竜チャンから「"Losebeat"としてできない曲はLosebeatの曲ではない」という意味のいい言葉を聞いた。これもまた彼らが19年続けてきた理由なんだと思う。

ああそうそう、竜チャンと「牛ジロー」で話していて、最近のストリートミュージシャンは歌もハーモニーも上手いけど、スピリッツというかハートというか....そういうのが足りないねという話になった。
それならオモロイ奴がいますよ.....というところで次の記事へ続く。