ミューズポートX’mas Party 2009 at at Cafe Harvest

教室至近距離のCafe Harvestを借り切っての「某お方生誕2009年記念」&「株式会社ミューズポート設立記念」&「ミューズポートボーカル教室発足記念」&「mixi教室コミュ100人突破記念」&「e.t.c.」のX’mas Partyが無事終了しました。
Cafe Harvest
参加してくださった総勢42人の皆さん、お疲れ様でした。

通産6回目の今回は2度目の貸切フリー・ライブ・パーティーということで、ギターとピアノ持ち込んでのどんちゃん騒ぎ。歌本を持ち込んで「歌いたい人は勝手に歌って下さい、ギターやピアノが弾ける人が沢山いるから、誰かに頼めば誰かが弾いてくれるでしょう」という見込み発車。思いもかけないコラボの続出で、いやぁ~楽しかったなぁ。
ミューズポートボーカル教室X'mas Party2009
僕(p.)はカカ王さん(G&vo.)と「ムネ王」で登場、「ムネ王」と言っても衆議院のアノ方じゃあありません(しつこい)。急遽マサトシさんも飛び入り参加で、さだまさしの最高傑作である「主人公」をやってしまいました。僕は「関白宣言」より前の時期の隠れファンでして...って、ここに思いっきり書いているのですが、中学1年の頃から封印し続けていたものを開封してしまいました。カカ王さんの影響も大きいし、ヌッキー@リュウちゃんがナガブチを開封したのも大きいです。
それと「秋桜(コスモス)」は山口百恵キーで、こじ&JUNYAほか皆さんのボーカルで「ある方」に捧げました。
ミューズポートボーカル教室X'mas Party2009
オッチーとリュウちゃんのコラボも珍しかった。「Twist & Shout」や「No Where Man」の合唱が実に面白かったです。なんでみんな合唱できるぐらい知っているのだろう?歌詞が思い出せない「半分C’dars」は暴走しました。そしてさぉ☆こじ with とーる、タケシくん、キンさん、さぉ王、JUNYA、ユキちゃん、あずさとーる、ガコ、「赤鼻トナカイ」の合唱という感じで面白いステージが色々と続きました。
ミューズポートボーカル教室X'mas Party2009
.....色々な人が即興で歌い、踊りまくってのどんちゃん騒ぎでした。
ミューズポートボーカル教室X'mas Party2009
最後はmixi管理人のマサトシさん(vo.)と僕(key)の初コラボ「マサムネ」によって、最後を締めるのにふさわしい「The Christmas Song」。
これは「Winter Live 2009」でマサトシさんが歌った曲。僕には絶対ユーヤさんのアレンジやコード進行で伴奏するのは不可能です。だから全く違うものを作ってみました。ハードな日々が続いていたので、フラッとスタジオに入ってのアレンジ作業がいい気分転換になりました。誰だって「キーボード」より「キーボード」の方が楽しいと思います。
結果としてジャズのスタイルからはおよそかけ離れてしまいましたが、その全く違うスタイルにマサトシさんがうまくボーカルを乗せてくれたおかげで、最上の雰囲気が出せたと思います。
ミューズポートボーカル教室X'mas Party2009
これは誰がなんと言おうと「マサムネ」による唯一無比の音だったと思いますし、最後に思わず「よっしゃぁ!」をやりましたが、それだけ達成感があったんです。

その後は急遽教室を会場を移しての2次会となり、最終撤退が深夜13時でした。
091219_220522062
何にも束縛されず、自由な環境の中でこそ、いい音楽は生まれるということを、充分承知しています。そして誰もが日々生きてゆく中でそれは理想であって現実ではないことも知っています。せめてそのバランス感覚だけは持っていたいし、それに近い空気が作り出せたらどんなに楽しいことでしょう。そんな中で、このX’mas Partyはそこにいる人たちが純粋に音楽(とお酒と会話とめでたいめでたいと....と他にも色々ありますが)でつながっている。そんな一日だったと強く感じました。せめてX’masの夜ぐらいは、こういう雰囲気をずっと維持できたらといいなと思います。

さて、その翌日のことですが.....
法事
何と祖父の17回忌法要でした。
「お坊さんお経ライブ at 寺院」。
この不思議なアンバランスさもまた人生です。