「太陽(ソンツェ)」

めったに映画のDVDなんて買わないんだけど、以前から密かに話題になっていた作品だったので、どうしても見たくて買ってしまいました。

タイトルは「太陽(ソンツェ)」。

ロシアの映画監督アレクサンドル・ソクーロフという人の2005年の作品なんですが、主人公は何と昭和天皇
この人をイッセー尾形が演じています。
もちろんセリフは日本語。作品の性格上、日本では極めて限定的にしか公開されなかった作品です。

いわゆる昭和20年の終戦の聖断から昭和21年の人間宣言までを、監督独自の時間軸と空間軸の中で描いた作品なんですが、昭和天皇の苦悩や人間的な部分を、時にはシリアス、時にはコミカルに描いています。

僕は「下山事件」なんてやっている位だから昭和史は大好きですし、イッセー尾形は「アトムおじさん」以来好きなんで、どんな風に昭和天皇を演じているのか見たかったのですが….驚きました。ソックリです。微妙に口ごもる話し方、「あ、そう」という言い方、口元をややしかめる感じ(もっともこれは後年の仕草だと思うけれど)、昭和時代にTVで見た「あの方」の雰囲気をよく観察しているなと思いました。

むろん監督の昭和天皇に対する解釈には違和感がないわけではありません。歴史的事実と異なる点もあります。でもこれはドキュメンタリーではなく、ソクーロフ的解釈だと思うことは必要です。

脚本もしっかりしていました。
僕が印象に残ったシーンに昭和天皇と科学者とのいささかトンチンカンな会話があります。

昭和天皇が、自分の祖父明治天皇が皇居上空で目撃したとするオーロラについて科学者に「そういうことが科学的にありえるのか」と尋ねます。
科学者はそれは断じてありえない自然現象であることを、科学的に説明します。ここでちょっとした言い争いになるのです。天皇は(プライベートでは海洋生物学者でもあるこの人は、とても科学的な思考の持ち主であるにもかかわらず)、「しかし(偉大なる)明治天皇が言われたのだよ」と、何だか見当違いな反論をします。科学者はこの論争を「おそらく明治大帝は偉大なる歌人であらせられたのでしょう(豊かなイマジーネーションの持ち主だったのでしょうという意味)」で切り抜けます。昭和天皇は不服そうな表情を見せながらも、この言葉を受け入れます。

「静かなる強い意志」を持った昭和天皇が、その意志を静かにしまわざるを得ない立場だったこと。それが故に敗戦という悲劇までゆかざるを得なかった歴史的事実。本来なら科学的思考の持ち主にもかかわらず、一方で伝統というものにも束縛されざるを得なかったという、昭和天皇自身が持っていた矛盾。
このシーンには2つの重要な点が描かれているなと感じました。
そして何よりも「あの方」だったら、間違いなくこういう会話するだろうな、と思わせるシーンでした。

うわ、何だか堅苦しくなっちゃったな。
最後になりますが、佐野史郎が演じた侍従長も素晴らしかったですよ。

以下余談。
今から21年ほど前のことです。僕は「歴史的な人物を生で見たい」という単純な理由から、彼女を連れて皇居で行われた天皇誕生日の一般参観に紛れ込んだことがあります。「あの方」は宮殿の防弾ガラスの向こうから、我々に手を振っていました。前知識がありすぎたということもあるのですが、言葉には表せない常人と違った一種独特の雰囲気....神様とも違うのだけど、世俗を超越してしまっているような雰囲気を感じました。なお、この日の晩餐会で昭和天皇は体調を壊され、以来闘病生活が始まったと記憶しています。

後にも先にも「あの方」を目撃したのはこの時だけです。

参考サイト:『太陽』佐野史郎単独インタビュー

コメント

  1. TAMTAM より:

    解釈って、本当に人それぞれですよね。
    色んな音楽を聴いたり、色んな本を読んだり、色んな映画を観たり、それぞれがそれぞれを色を持っている。
    いや、観る人。
    書く人、作る人それぞれの解釈がある。
    う~ん、深い。
    考えさせられますね。

  2. 羊子 より:

    そんな映画の存在することさえ知らなかったのですが、上の文章を読んでいたらなんだか私もとても見たくなってしまいましたよ。日本人ならぬ外国の映画監督が描く昭和天皇がどんな風にうつっているのか、とても興味ありますね。
    そういえば私は昭和天皇を生で見る機会のないまま終わってしまってるかも・・・皇居前に行ったのは、崩御後の記帳の時でした(その日に見に行く予定だったラグビーの試合が中止になって、することなくて行ったんでしたっけ・苦笑)

  3. spiduction66 より:

    >TAMTAM
    歴史映画じゃあなくて、あくまでもロシア人であるソクーロフが描いた昭和天皇像として見ました。でもよく調べていると思いました。よく調べた上で敢えて歴史的事実とは異なった内容にしているところに映像作家としての監督の力があったと思いました。
    TAMTAMは見たのかな?どんな評価をしたでしょう?

    >羊子さん
    独特の余韻のある映画です。是非ご覧になって下さい。
    そういえば僕も学校の帰りに記帳に行った記憶が....あれは病気平癒だったかな?
    ちなみに昭和の終焉の日、僕は寝坊して午後まで全然知らずに、モリシマ氏からの電話で知りました。
    昭和天皇を見に行ったというのは、人生のネタ作り的な部分もあったのですが、もうひとつの理由はナイショのナイショですぞ。

    >All
    Youtubeの予告編「庭師のような質素な身なり」とありますが、これは陸軍元帥服のブーツと上着を脱いだ格好なんで別に質素な身なりじゃあありません。

  4. リンパ より:

    高校を卒業する頃まで、天皇制は悪みたいな考え方を植え込まれていたせいで、天皇家について冷静な目で見られない自分がいました。
    最近公平な目で見てみると、色々と感じること考えさせられることがあります。
    雅子さまの病気についてとか、兄弟の関係とか・・・
    昭和天皇崩御の年は就職した1年目でした。
    20年前・・・二昔ですね。

  5. spiduction66 より:

    >リンパ
    あの中学校にいたら、そうなるよね(笑)
    僕は歴史上の人物という視点で、結構色々読んだものだから、別の意味で冷静な目でみれなかったよ。ゲンジュウといい争いしたこともあったな。

    結局「天皇制」は、現代の尺度からみると人間的な生活ができないというトコロへ来るのかなと思うけど、どうでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください