大気開放!! at “Welcome Back” in 大塚

2010/2/17 水曜日

何とか教室で仕事を片付け「今から行くよ」とメールして、夜20時に車で飛び出した。
1時間で東京の大塚Welcome Backに到着。さすが夜の首都高は早い!

昨年の秋だったかにライブでお世話になっている佐藤とーる氏から「今度、ヨッシー(吉野ユウヤ)をバンマスにして"大気開放!!"っていう音楽ユニットを始めたんですよ」と聞いた。
「どんな音なの?」と尋ねたら「プログレッシヴ・ロックみたいな音ですかね~」ととーる氏。
キーボードメインのプログレッシヴ・ロックならばELPみたいなものか?そりゃあぜひ聞いてみたいものだ。もしライブの予定があったら連絡してねと言っておいたら、日曜日にとーる氏から「明日ライブです」とメールが来たのだった。何でもいいけど、そんな直前にメールせんといてくれぇ~。

僕の出現に2人とも喜んでくれて、その上で紹介してくれたのがベーシストの江川綾ちゃん。とーる氏とリズムセクションを組むというだけで、凄いプレイヤーなんだってことを感じる。「大気開放!!」はキーボード(吉野ユウヤ)、ドラムス(佐藤とーる)、そしてベース(江川綾)という編成。紅一点がベーシストっていうのも珍しいし、ELPはともかくとして、こういう編成をライブで見れるのも珍しいんじゃないかと思った。

21時すぎ、ステージが始まった。

サウンドはジャズがバックグラウンドにあるのだけれど、リード楽器であるユウヤ氏のキーボードはむしろロックそのもの。独特の浮遊感を持ちながら覆いかぶさってくる。
吉野ユウヤ
それを素晴らしいリズムセクションがしっかり支えている。

とーる氏とユウヤ氏のアイコンタクトによる合わせも抜群で、ドラムスとピアノのステージの左右の異様に離れた距離は何なのだと最初は思ったが、あれはお互いに目視できる距離なのだと納得した。

実にユニークでカッコいい。何よりも我々がいつも知っているクールなユウヤ氏と違って今日の彼はMCもするし、プレイが熱い!そしてとーる氏も熱い。
んでもって綾ちゃんはクールにブンブンしている。

デジカメで撮影した動画をYoutubeにUPしてみた。
最初は熱い「Scene>Reason」。何とユウヤ氏のボーカルが聞けます。
ボーカルの後に必ずリズムを崩してキメるのだけど、それがいかにも鍵盤弾きっぽくていい。しかもとーる氏とのコンビネーションが抜群。

お次はファイン&メロウな「INORI」

最後はとーる氏のドラムソロと「Sunny Side Up」

もう本当にシャレにならないプレイだらけだった。
そうなんだよね。これが見たかったんだ。これが見たくて横浜から来たんだよね。
んでもって頼むから次回は横浜でライブやってください。

ライブ後、本日の対バンのボーカリストだった吉村樹里ちゃん(聞けなくてゴメンネ!気になったのでYoutubeで聞いたけどとても良かったよ!)とそのお友達たち(最高のギャラリーをありがとう!)、とーる氏たちと色々な延々と2時間近く話し込んでいたと思う。なぜかキーワードは「静岡県御前崎と東京北区はいいとこだ!」というモノだった。