「 spiduction66 」一覧

首都高湾岸線で目撃した「この人」について考えてみた

首都高湾岸線で目撃した「この人」について考えてみた

実際に日テレでオンエアされたドライブレコーダーの映像では一瞬で通り過ぎてしまうような映像だったけど、僕にはかなりの時間(といってもプラス1...

記事を読む

ぐらもくらぶ祭りと首都高の歩行者

ぐらもくらぶ祭りと首都高の歩行者

今日一日で起こった事、いったいどこから話したらいいのやらという感じです。 まず首都高湾岸線上りを走行中のことでした。対向車線は物凄い...

記事を読む

第25回稚魚の会・歌舞伎会合同公演

第25回稚魚の会・歌舞伎会合同公演

梨園の役者さんだけで歌舞伎の舞台が成り立つわけではなくて、一般からこの世界に身を投じた大勢の役者さんやお囃子さんから歌舞伎は成り立っている...

記事を読む

吉野ユウヤ ピアノソロライブに行ってきた

吉野ユウヤ ピアノソロライブに行ってきた

およそ自分には似合わない町六本木。灼熱のアスファルトジャングルなんですが、江戸時代の絵地図に六本の木が描かれていたという記憶があるから、昔...

記事を読む

村越咲月とカセダタカシの川崎駅前ストリート

村越咲月とカセダタカシの川崎駅前ストリート

細かい話は省略するけど、村越咲月が「今から川崎駅前でストリートやります」というので、「じゃあ俺も行く」とコバンザメのように付いて行った。 ...

記事を読む

ユキスズキとスズキユキと陽炎と

ユキスズキとスズキユキと陽炎と

いま僕はこの記事を書きながら、ユキスズキのミニアルバム「Simple is...」を聞いている。昨日、伊勢佐木町の「Silver Back...

記事を読む

林家正雀の会-向じま墨亭-

林家正雀の会-向じま墨亭-

またもや落語の話です。 さて「噺家殺すにゃ刃物はいらぬ、あくびの一つもあればいい」という有名な都都逸があります。 噺家にして...

記事を読む

電柱好きが見たフランス電柱譚

電柱好きが見たフランス電柱譚

宮沢賢治の童話に「月夜のでんしんばしら(1924年)」というのがある。月夜の晩に電信柱が一斉に軍隊のように行進を始めるという話だ。 ...

記事を読む

林家彦六(八代目正蔵)師匠の家

林家彦六(八代目正蔵)師匠の家

たった一度だけ高座をみた。その経験が年を経るごとにこの人を大きな存在にしています。落語家の林家彦六、いや「八代目林家正蔵師匠」と言った方が...

記事を読む

感覚

感覚

今日のことです。お昼に原付でコンビニの駐車場に入った瞬間、ズボン後ろのポケットに入れていた長財布がポロンと地面に落ちてしまいました。先ほど...

記事を読む