「 spiduction66 」一覧

林家正雀の会-向じま墨亭-

林家正雀の会-向じま墨亭-

またもや落語の話です。 さて「噺家殺すにゃ刃物はいらぬ、あくびの一つもあればいい」という有名な都都逸があります。 噺家にして...

記事を読む

電柱好きが見たフランス電柱譚

電柱好きが見たフランス電柱譚

宮沢賢治の童話に「月夜のでんしんばしら(1924年)」というのがある。月夜の晩に電信柱が一斉に軍隊のように行進を始めるという話だ。 ...

記事を読む

林家彦六(八代目正蔵)師匠の家

林家彦六(八代目正蔵)師匠の家

たった一度だけ高座をみた。その経験が年を経るごとにこの人を大きな存在にしています。落語家の林家彦六、いや「八代目林家正蔵師匠」と言った方が...

記事を読む

感覚

感覚

今日のことです。お昼に原付でコンビニの駐車場に入った瞬間、ズボン後ろのポケットに入れていた長財布がポロンと地面に落ちてしまいました。先ほど...

記事を読む

天安門事件から30年

天安門事件から30年

人生の中で忘れられないテレビ番組に「天安門・激動の40年~ソールズベリーの中国~」というのがあります。 1988年9月23日にNHK...

記事を読む

トッド・ラングレン at すみだトリフォニーホール

トッド・ラングレン at すみだトリフォニーホール

行ってきましたトッド・ラングレン。会場は錦糸町のすみだトリフォニーホール。実を申せば彼の音はカミさんの方が詳しい。最初は彼女に教えてもらっ...

記事を読む

記憶の彼方のドリス・デイ

記憶の彼方のドリス・デイ

僕の母は、今ではすっかり子供になってしまった。「老人は子供に帰る」と言われるけれど、本当にそうだ。 諸般の事情から、夜遅く父が帰るま...

記事を読む

平成の終わりに城崎にて

平成の終わりに城崎にて

泉鏡花の随筆「城崎を憶ふ」はこんな出だしで始まる。 雨が、さつと降出した、停車場へ着いた時で──天象は卯の花くだしである。敢て字義に拘泥する...

記事を読む

平成を彩った8260曲の「音」

平成を彩った8260曲の「音」

それまで自分が収集してきた「音」をしっかり記録として残しておこうと思ったのは20年前のことでした。 「音の万葉集」なようなものを作りたいと...

記事を読む

1999年7の月

1999年7の月

「1999年7の月、空から恐怖の大王が降ってくる。アンゴルモアの大王を復活させるため、その前後の期間、マルスは幸福の名の下に支配に乗り出す...

記事を読む