「 おみおくり 」一覧

水島広雄さんの死とそごうの悲劇

水島広雄さんの死とそごうの悲劇

8月21日の新聞の片隅に「そごう元会長 水島広雄さん死去」という訃報が掲載されていました。僕はその名前を見て「えっ、まだ生きていたの!」と大...

記事を読む

さよならニャンコ先生

さよならニャンコ先生

先生、弔辞がわりに何か書こうと思ったのですが、どうもうまい言葉が浮かびません。 まずは4ヶ月にわたった入院生活、本当にお疲れ様でした。...

記事を読む

東伏見邦英伯爵あるいは慈洽門主と横浜プリンス貴賓館の話

東伏見邦英伯爵あるいは慈洽門主と横浜プリンス貴賓館の話

僕の手元にはこんな一冊の本がある。 作者いわく(原文を読みやすくしている。以下同じ)。 「昭和二(1927)年の四月、すなわち僕が中...

記事を読む

大滝詠一にも春よ来い

大滝詠一にも春よ来い

音楽の世界においては、しばしば「オマージュかパクりか」ということが論争になる。 「オマージュ」っていうのは、元ネタに対する一定の敬意を持ち...

記事を読む

トニー・シェリダン死去

トニー・シェリダン死去

僕の手元には、こんなレコードがある。 (ビートルズ「マイ・ボニー」) ポリドールのレコードで、規格番号はDPQ-6903 値段は...

記事を読む

さよならエマニエル夫人

さよならエマニエル夫人

子供にとっては夢のような時代だった。 山に行けば雪男やヒバゴンがいた。 野原に行けばツチノコがいた。 湖に行けばネッシーが泳いでい...

記事を読む

最後の明治人

最後の明治人

25日の未明のことです。 京都の義母から電話があり「おばあちゃんが亡くなった」ことを告げられました。 亡くなったのはカミさんの祖母です。...

記事を読む

NO IMAGE

運命じゃ

親父から連絡があり、岡山に住む親戚の「弘さん」が亡くなったことを知りました。 弘さんは「犬神家の一族」風に言えば「本家の当主」です。 ...

記事を読む

いとこいの境地

いとこいの境地

明治の大落語家、三遊亭圓朝師匠は永年の研鑽と禅の修業によって「無舌(むぜつ)」という境地に至った。 僕は禅や落語の求道者ではないから「舌が無...

記事を読む

You Only Live Twice -ジョン・バリー死去-

You Only Live Twice -ジョン・バリー死去-

2月1日付の新聞各紙は、紙面の片隅で作曲家のジョン・バリーの死について報道した。 ロイター通信によると、ジョン・バリーさん(英国出身の...

記事を読む