「 歴史の切れ端 」一覧

NO IMAGE

一枚の銅板

今日は日本テレビの「広島 昭和20年8月15日」というドラマを見た。ドラマ評については他にゆずるとして、10年前に「ヒロシマ」へ旅行した時の...

記事を読む

発掘現場

発掘現場

茅野市の「尖石遺跡」でたまたま発掘現場を見学。 学芸員のおじさんの話だと、直径50cm程度の柱の跡が、 この周辺からゾロゾロ出て...

記事を読む

NO IMAGE

There is also a man

60年前の8月15日、 僕の父は疎開先の岡山の富田村(玉島)という場所で終戦を迎えた。 現在では新幹線新倉敷駅の裏手になる場所だが、 ...

記事を読む

NO IMAGE

京浜急行平沼駅

僕は鉄ちゃんではないが、 日々教室の窓の下を走る京浜急行を見ていると、 ついこんな話もしてみたくなる。 京浜急行平沼駅の話。 ...

記事を読む

レミちゃんは満州育ち

レミちゃんは満州育ち

”藤原てい”という人が書いた小説に「流れる星は生きている」というのがある。 昭和20年、終戦を満州国(ウィキペディアで調べる)の首都新...

記事を読む