「 泉鏡花 」一覧

平成の終わりに城崎にて

平成の終わりに城崎にて

泉鏡花の随筆「城崎を憶ふ」はこんな出だしで始まる。 雨が、さつと降出した、停車場へ着いた時で──天象は卯の花くだしである。敢て字義に拘泥する...

記事を読む