管理人のたわごと

またもや落語の話です。 さて「噺家殺すにゃ刃物はいらぬ、あくびの一つもあればいい」という有 ...

ぶうらぶら, 管理人のたわごと

宮沢賢治の童話に「月夜のでんしんばしら(1924年)」というのがある。月夜の晩に電信柱が一 ...

管理人のたわごと

たった一度だけ高座をみた。その経験が年を経るごとにこの人を大きな存在にしています。落語家の ...

管理人のたわごと

今日のことです。お昼に原付でコンビニの駐車場に入った瞬間、ズボン後ろのポケットに入れていた ...

歴史の切れ端

人生の中で忘れられないテレビ番組に「天安門・激動の40年~ソールズベリーの中国~」というの ...

ライブレポ

行ってきましたトッド・ラングレン。会場は錦糸町のすみだトリフォニーホール。実を申せば彼の音 ...

管理人のたわごと

僕の母は、今ではすっかり子供になってしまった。「老人は子供に帰る」と言われるけれど、本当に ...

ぶうらぶら, 歴史の切れ端, 管理人のたわごと

泉鏡花の随筆「城崎を憶ふ」はこんな出だしで始まる。 雨が、さつと降出した、停車場へ着いた時 ...

音楽のツボ

それまで自分が収集してきた「音」をしっかり記録として残しておこうと思ったのは20年前のこと ...

管理人のたわごと

「1999年7の月、空から恐怖の大王が降ってくる。アンゴルモアの大王を復活させるため、その ...