こんな夢をみた。

僕はアルプスをのぞむ登山鉄道に乗っている。

僕はなぜかヒトラー少年団(ユーゲント)の一員なんだ。
しかもアドルフ・ヒトラーに引率されて、どこかへ向かっている。
客車の窓が開けっ放しなので、通り抜ける風の涼しさと、
山々の美しさにボーッとしている。

僕らを引率してくれるヒトラーはといえば、
気難しい顔をして、ひとり車窓からみえる風景を眺めている。

やがて目的地に到着する。すでに各国の団体が到着している。
サーカスのテント小屋のようなところで、パイプ椅子と展示ブースが並んでいる。
どうもお互いの国の文化交流会のようだ。

アメリカから来た団体は、Jazzの演奏やフォーク・ソングを歌っている。
イギリスから来た団体は、骨董品を並べて売っている。
フランスから来た団体は、ブランド品を沢山ならべて売っている。

僕たちはといえば、ヒトラーの指示で、中央のステージ上に整列させられた...

そしてヒトラーは演説を始めた。
「我々ドイツ人は、優秀なアーリア人種である。
我々の文化は世界でもトップレベルである。
やがて世界は我々によって支配されるだろう」

僕は横目に彼を見ながら
「何恐ろしいことを言っているんだ。このおっさんは」とあきれてしまった。

みれば客席にいる他国の人たちは、彼の発言にひいてしまっている。
だけど、それを意にも介さずに、ヒトラーの演説は延々と続いた。

帰りの列車で、ヒトラーは上機嫌だった。
少年団のメンバーも彼となごやかに談笑していた。
僕はといえば、こんなおっさんが支配するような国家には住みたくないと、
そればかり考えていた。

やがて駅に到着する。僕は友人とともにこの駅で下車するのだが、
その時にヒトラーに花束をもらった。

友人と僕は無言で山道を歩いて家路へと向かう。
途中で花束をケルン(登山道にある石を積み重ねたモニュメント)
に挿そうということになった。

だが、よくみたらそれは花束ではなく、
黒百合が一輪入っているだけだった。
しかもすでに花は枯れてしまっている。

友人と別れた僕は山小屋風の我が家に帰った。
夕食を食べながら、僕は家内にこういった。
「この国から逃げよう。あのオッサンはイカれているよ。
きっとこの国を戦争に巻き込んで、滅茶苦茶にしてしまうだろう。」

家内は
「そうね、逃げましょう」と言ってくれた。

そこで夢が醒めた。

P.S.ハンブルグ帰りの方と、こんな話ばっかりしているから、夢にまで出ちまった....

人気blogランキングへ←人気blogランキングへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください