深夜の教室

普段こういうことを先延ばしにしているから自業自得なんだけど、月曜日が労働保険の概算・確定保険料の申告納付期限だってことをすっかり忘れていた。

あわててやろうと思ったら申告用紙が見つからない。カバンの中に入れておいたはずなのにと思ったが、どこにも見当たらない。いわば「先延ばしの刑」というヤツだ。
仕方なく家に戻って探したら、あっさり出てきた。
この申告用紙の封筒は緑なんだけど、「横浜市勤労福祉共済」というトコロから送られてくるのも緑の封筒なわけで、どうもゴチャマゼになってしまってあった次第。

そんなわけで家族に「また会社行ってひと仕事してくる」と言ったら、長女が「私も行く」と言い出した。
聞けばエレキギターというものを弾いてみたいらしい。

そんなわけで深夜に会社へと向かう。

せっかくだから、僕のSAをムッシュのVOX AC-30につないでやった。ううむ贅沢なヤツ。

というわけで申告書書いている横で、Aスタからエレキギターの音が聞こえてくる。エレキギターを弾くのは始めてのようだけど、ストロークでジャンジャカやっている。
決して上手くはないんだけどパワーがあるから男の子みたいな音で弾いている。

可笑しいのはThe Whoの「I’m Free」と「Amazing Journey」のギターリフを四苦八苦しながら作っていること。

とそんなこんなしているウチに1時間ぐらいで書類が完成した。
この労働保険の申告ってヤツ。1年に1回しか書かないものだから、なかなか要領がつかめない。かといって知り合いの社労士さんに頼むほどの量でもない。来年から電子申告にしようかな?と思いつつも、ノドモト過ぎれば何とやらで、そういうことはすっかり忘却の彼方に追いやって、また来年の今頃は四苦八苦しているのだろう。

四苦八苦といえば、こんな時間だ。
もう娘を連れて孵ることにしよう。

コメント

  1. ぽちこ より:

    宗さんをオトンに持つ、それも贅沢なことだと思ってますよ。

  2. spiduction66 より:

    >ぽちこさん
    いえいえ、とんでもない!
    ぽちこさんをオカンに持つことはもっと贅沢ですよ!
    自分もたいなとんでもない人間を親に持つと子供はそれはそれで面白いだろうけど大変だと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください