田中ガスの風呂マネキン at 国道9号線

【田中ガスのマネキンについて】
最初この親子を見たのは雑誌「宝島」のヘンな画像の投稿コーナー「VOW」だった。
今でいう「ジワジワ来る○○」みたいなものだ。1980年代の後半のことだから、僕はまだ大学生だった。

1993年に京都へ転勤となり、右京区の西京極で暮らし始めた。
ある日、ぶらっとサインクリングをしていて、唐突にこの親子に再会...いや遭遇した。

この時の衝撃といったら、なかった。

国道9号線沿いで風呂に入り続ける親子....何かを主張しているわけではない。
ガス設備店の店頭で、ガス風呂に入り、排気ガスを浴びながら笑顔を振りまき続ける親子。

ここから2kmほど離れた場所で育ったカミさんは、こう言っている。
「ここのマネキン、私が小学生の頃(1980年頃?)からあるよ。もっともマネキンは新しいものになっているけど」

この近隣の住民は、家の風呂釜が故障したら「あのマネキンの店」へ行くに違いない。
途轍もなく長期的かつ効果的にシンボライズされた「何か」だと思った。
もしかしたらウチのマイクで歌っているロボットという発想は、このあたりからきたのかもしれない。

以来、桂にある家内の実家に帰る度に、国道9号でこの親子を見てきた。
親子を見ると「自分は今、京都に帰ってきたんだなぁ」と実感する。
そんな時は、僕の脳内で「京都=マネキン」という奇妙な公式が成立している。

京都には僕自身も8年住んでいたけど、常に「ワンダーランド」だと思っていた。
このマネキンもそんな京都ワンダーランドを彩る道端の風景だ。

いつかこの親子をキチンと撮影しておきたいと思っていた。
ラッキーなことに、そのチャンスが巡ってきた。
親子から50mほど離れた場所に、
旅先では欠かせないコインランドリーを発見したのだ。

そこで待ち時間を利用して様々な角度から撮影してみた。
ふとライブステージを撮影する感覚でシャッターを押している自分に気付いた。

そう、この親子にとっては毎日がライブ・パフォーマンスなのだ。

追記:Google Mapのストリートビューにもしっかり写ってら。

コメント

  1. James より:

    マネキン母の首筋から胸元への「逆くの字」が最高トコロテンでありまする~。いずれにしても、マネキンさんって、言葉を発しないが故の説得力があったりして(^^;)。

  2. spiduction66 より:

    >Jamesさん
    それらしく撮影しちゃったのかなぁと反省しておりまする。マネキンゆえに黙して語らずなんですが、これ、通りがかりの子供たちに教育上いいのでしょうかね(^_^;)

  3. 羊子 より:

    マネキン母は何故頭に土方風タオルなんだろう?とか、風呂の下に台車がついてるから、夜には風呂ごと店内にしまわれるんだろうか?とかいろいろ考えてしまったじゃないですか(笑)
    サイズ的に、風呂の中にマネキンの上半身のみが置かれているのかなと思うと、ちょっとコワイですね・・・

  4. spiduction66 より:

    >羊子さん
    そうです、色々と妄想が膨らむでしょう(笑)
    母のタオル下に髪の毛あるのだろうか?とか。
    母のお風呂は何時頃の時代のものなんだろうか?とか。

    ちなみに夜ここを通ると、しまわれているので、台車は有効活用されているようです。

    子供の方の風呂桶の中がどうなっているかは、撮影したのですが、夢を壊すようなのでUPしませんでした。ライブステージの裏幕は撮影しない、これアーチスト性を尊重するイロハです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください