緒形拳

たまたま先々週ぐらいの話。
突然思い出したかのように、
砂の器(1974)」のDVDをカミさんと見ていた。

どの役者も素晴らしいのだけど、とりわけ巡査役の緒形拳と、旅する親子の父役だった加藤嘉の演技が物凄かった。いや凄いなんてものじゃなくて、あれはもはや演技を超えていた。

老いた緒形拳が「どげんして、自分の父に会おうとせんのじゃ!」と説得するシーンが、この映画のクライマックス。あそこは何度見ても胸に熱いモノがこみ上げてくる。画面一杯にこちらを向いて語りかける彼の表情が、あまりにも真剣で、切実で、怒りがこもっていて、直球で心に迫ってきたからだ。初めてこの映画を見た30年も昔から、この感覚はかわっていない。

この人の演技といえば、他には「八甲田山(1977)」の村山伍長、「鬼畜(1978)」のどうしようもない父親なんかが印象に残っている。優しさと厳しさ、強さと脆さ、両方を使い分けられる役者だった。
いっぽうでニコっと笑った時の笑顔の、人懐っこい感じもよかった。
ドラえもんが大好きだったとも聞く。

印象に残った緒形拳の映画が、ほとんど1970年代の作品である理由が、自分でもよくわからない。
最後の出演映画が「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」のぬらりひょん役だった、
というあたりにその答があるのかもしれない。

連続ドラマ『風のガーデン』全て撮影が終了しました。本日、記者会見です。
10月9日(木)夜10時スタート、フジテレビ。
是非是非 ご覧下さい。(2008.9.30)

これがこの人の生前最後のBlogとなった。