秋山紀行、北越雪譜と鈴木牧之

またもや豪雪にちなんだ話。でも今日は真面目な話だったりする。

1月11日現在、新潟県の津南町と長野県の栄村を結ぶ国道405号は通行止めになっている。おかげでいくつもの集落が孤立しているのはご存知のとおり。陸上自衛隊が除雪作業を開始し、集落へは空からヘリコプターなどによる救援物資が届けられているが、国道復旧の目処は13日以降になるという。物資が遮断されており、集落はご老人ばかりだと聞いている。早く復旧することを祈っている。

さて、現在孤立しているいくつもの集落の総称を秋山郷という。この秋山郷に関する古い話をしよう。

今から178年前の文政11年(1828年)9月、越後の塩沢(H17年10月より南魚沼市塩沢町)に住む文人の鈴木牧之(すずきぼくし)は、桶屋の団蔵の案内を得て、この秋山の地を訪れた。秋山郷はその当時から山奥の秘境として越後(新潟)の人々には知られていた、そうした土地ならではの生活の違い、風習の違いが、その秘境を通りすぎた者によって伝えられ、越後塩沢あたりでも充分にネタ話になるほどだったのだ。

牧之はそうした旅人から伝えられた話に興味を持ち、友人である戯作者の十辺舎一九(東海道中膝栗毛の作者)のすすめもあり、秋山行きを思い立った。その時の行程も記録されている。昨日のブログに書いた国道353号線とほぼ同じ道筋を通ったようだ。ただし僕らの車が十二峠を越えて、さらに国道沿いに北西の方向へと向かったのに対して、牧之一行は峠の先からは名もなき道を通って、真西の田代方面へと抜けたようだ(たしかにこの道は津南のホテルへゆくにも近道ではあったが、先週の時は怖すぎてとても通る勇気はなかった)。

牧之は団蔵とともに見玉、逆巻、清水川原、結東、前倉、大赤沢、小赤沢、上の原、屋敷、和山、切明といった秋山郷の集落を訪れている(今回の一連のニュースにもこれらの地名が登場していますね)。こうして辿った7泊8日の行程を彼は「秋山紀行」という一冊に著した。
秋山紀行
ここで彼は秋山に住む人たちが持つ独特の風俗や習慣、自然の景観を好奇心いっぱいに書き記している。

●秋山の人は里以外の人間とは婚姻を結ばない、もし秋山以外の人たちと婚姻した場合、親子の縁を切り、二度と里へは戻れない。
●食事は粟(あわ)、稗(ひえ)、栃の実(とちのみ)などを常としている。近年になってようやく稲作をはじめつつある。
●人が死ぬと14歳以下の子供だけが集まって夜通し「ナマナマ(南無か?)」と唱え、決して大人は参加しない。
●人々は純粋で正直そのもので、泥棒もいなければ争いもなく、酒も博打も知らない。
●行くことを「イカズ」、来ることを「コズ」、飲むことを「ノマズ」、食うことを「クワズ」という。

そのように面白く記す牧之の筆は、だからといって決して秋山の人たちを笑いものにしようとしているのではなかった。この土地の人たちに愛情を感じ、感じながらも冷静な筆致でひたすら学術的な観察を続けていることがわかる。そこには塩沢近辺では失われてしまった古いしきたりが残っていた。何よりも牧之は秋山郷に住んでいる純朴な人たちの心に惚れてしまったのだろうと思う。

わけあって「秋山紀行」は彼の生前に刊行されることはなかった。出版のキーマンだった十辺舎一九が急死したからだ。しかし現在伝えられている同書は、牧之の観察的な姿勢と冷静な筆致によって、「日本最古のフィールドワーク」「日本民俗学の原点」といわれている。

「秋山紀行」こそ日の目を見ることはなかったが、その一方で牧之には自分たちが暮らしている雪国の暮らしを江戸の人たちに正確に伝えたいという試みを若い頃から続けていた。断片的に綴られてきた一連の文章は困難の末、秋山行きの10年後の天保8年(1837)に「北越雪譜(ほくえつせっぷ)」として結実する。実に出版を意図してから40年目のことだった。
060111_01.jpg
●実家の両親に生まれたばかりの我が子を見せようと出かけた夫婦が、突如として発生した吹雪に遭難し、凍死する。夫婦の遺体の懐に抱かれた赤子だけが生き残ってしまう「雪吹(ふぶき)」。
●冬の積雪量が54メートルを越えたという「雪の堆量」
●ホワイトアウトについて書いた「雪道」
●表層雪崩の恐怖を書いた「ほうら」
●山中でUMA(未確認生物)に荷物を背負ってもらった「異獣」
●幽霊の髪の毛を剃髪する「雪中の幽霊」
●雪道で道に迷ったきこりを熊が助けるという「熊人を助(たすく)」
●民家の除雪作業を書いた「雪を掃う」
●命がけの鮭漁を描いた「漁夫の溺死」
●初冬と初春にのみ発生する洪水を描いた「雪中の洪水」
●秋山紀行のダイジェスト版ともいえる「秋山の古風」

雪国の想像を絶するような厳しい自然と、その中で暮らす人々のエピソードを綴ったこの本は、たちまちベストセラーとなった。大勢の江戸っ子がまだ見ぬ遠い雪国へのあこがれを抱きながら「北越雪譜」を読み漁ったのだった。

「北越雪譜」という本を高校の古典の授業で習うこともないし、受験に登場することもない(と思う)。
しかしこの本は200年近く前の人たちが雪とどのように戦い、雪とどのように暮らしてきたかを詳細に記した書として、今なお地元の人のみならず、幅広い好事家たちに愛されている。長野オリンピックの時、国土庁が海外のプレス向けに発行したパンフレット「Guidebook For Living in Japanese Snow Country」にはサブタイトルとして「From The World of “Hokuetu Seppu(北越雪譜の世界より)”とつけられたそうだ。
塩沢町商工会サイトの画像を参照のこと

P.S.「北越雪譜」は岩波書店より文庫本やワイド版が出ています。これは上大岡の大きな書店で簡単に入手可能ですが、江戸時代の文語文で書かれています。現代語訳を読みたい方は新潟日報社から出版されている「北越雪譜物語」をおすすめします。
いっぽう「秋山紀行」は恒文社より現代語訳が出版されています。

なお鈴木牧之記念館は塩沢町にあります。

人気blogランキングへ←クリックしてね。ポチッとね

コメント

  1. マサトシ より:

    なかなか読み応えありました。面白かったです。
    に、しても博学ぶりに脱帽です。

  2. ましま より:

    はじめまして。TBいただきありがとうございました。おかげで鈴木牧之の新知識を得られました。ちなみに拙宅蔵書は『校注・北越雪譜』野島出版刊行です。
     ところで大変失礼ですがつかぬことをうかがいます。私は下山総裁のたしか次男と終戦前後中学が一緒でした。あまり印象にないのですが、疎開で磐越西線の馬下駅か三川駅の官舎に移住し、そこから通っていました1年ほどの期間だったでしょうか。その後、国鉄名古屋駅で改札係をしているのを見た、という噂を聞きました。貴ブログによると「わざわざ」この阿賀野川方面にも旅行されているんですね。てっきり「下山総裁ゆかり」の人では?、と思いました。私にとってはミステリーめいていますので、差し支えなければTB先(三川関連の記事)にコメント賜りたく存じます。

  3. spiduction66 より:

    >マサトシさん
    実は秋山には言ったことがありません。関越ルートもさることながら、長野ルートでは草津温泉から20km程度でゆけるようです。こうして文章を書いていると旅情に襲われるから不思議です。もしかしてツーリングにもよいルートかもしれませんよ。
    2月のスキーの時でも行ってみようかな(なんていうと怒られそうですね)。

    博学なんでお恥ずかしい限りです。いつも知識よりはそれを仕事活かせるかどうかということを考えています。それでいつも自己嫌悪に陥いります(音楽の知識は充分に活かしているんですけどね)。でもこの記事は次のましま様のコメントを見る限り、思いもかけぬ方向に活きてゆく予感がしております。

    マサトシさんからコメントを頂いた時点から、深夜にかけて文章の加筆訂正を行いました。再度お読み頂ければ幸いです。

  4. spiduction66 より:

    >ましま様
    思いもかけぬコメントにびっくりしております。
    昨年交通事故に遭った際、通報してくれた方も総裁の息子さん(4男)と同級生でした。

    お返事のコメントをご指定の記事に入れさせていただきました。ご連絡をお待ちしております。

  5. 浜の偏屈爺 より:

    こんにちは 初めまして TBさせてもらいました あちこち立ち寄りしているうち上大岡の文字と京急上大岡沿線の写真に引かれて寄りました 秋山郷の話 興味深く読みました 私も大岡川沿線をうろついています 又寄らせてもらいます

  6. spiduction66 より:

    >浜の偏屈爺さま
    コメントありがとうございます。「さま」づけしても何だか失礼になってしまいそうなHNが凄いですね。

    「上大岡 音楽」でググルと、必ずトップに表示されてしまう割には名前負けしそうなコンテンツのblogです。でも思い立った時にコツコツ更新しております。よろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください