脳内シェイキングな夜に黒い薔薇

昼間から教室でマスターのDVDを見ながら、Kumuちゃんと”Spring Live 2010″のDVD編集打ち合わせ。
どんな感じでチャプターを区切るか?、ここはクロスフェイドすべきか?、字幕をここにいれるか?、ここは冗長だからカットするか?、MacとWindowsの互換性の不安、ライブ映像作品とするかドキュメンタリーとして作るか?とかまあそんな感じです。

今回は本編の大半を彼に任せて、僕はもっぱら特典映像とメニュー画面に専念します。
今まで全く一人で作ってきたから経験はあるけど、アートスクールで映像製作を勉強しているKumuちゃんの若い感性やセンスや技術は逆にとても刺激になります。

夕方からはharuさん、hitomiさん、ゆっちぃとも合流して、都内某所で行われたV系バンド”某”のワンマンに行ってきました。

ライブの詳細は省略。まず楽屋に挨拶に行った後、会場へ。
会場はオールスタンディングで満杯。女子高生のファンたちが、様々なコスプレをして盛り上がっていました。ヘッドバンギング、モッシュには私も慣れてきましたが、haruさんは相当驚いていました。土下座してヘドバンやるとこなんて宗教でした。でもとても僕には健全な風景に見えました。そんな中で、ゆっちぃは振りを覚えて、一緒に手を動かしていました。さすが上上上下のゆっちぃです。
最後にはジーンと来るような演出もあり、涙腺がゆるみました。Kumuちゃんも大変刺激になったと喜んでいました。

すでにV系の雑誌で何度も紹介されている彼らですが、今回も色々なプレスの方も来ていて、また色々紹介されるのでしょう。
もっともっと知名度を上げていって欲しいです。

とにかくこのバンド、雰囲気がいい、演奏もまとまっている、楽曲もいいしで、V系に限らず大勢の人に聞いて欲しい音を持っています。
新しいアルバムを今聞きながら書いているわけだけど、いいアルバムです。

これファンの方々から送られてきた花。黒い薔薇がいかにもです。

彼らのステージも楽しみだったけれど、今回はもうひとつ楽しみにしていたことがありまして、それは僕が作ったオープニング・ムービーが上映されたこと。数日前に急遽メンバーから依頼されて製作した1分程度のショート・ムービー。
スクリプトはメンバーが話し合って考えてたものを、形にしたものです。

このバンドのものを手がけるのは今回で3度目だったけど、実際にライブ会場で上映されるのを見るのは初めてでした。自分の子供のステージを見るように緊張しながら見たけど、滅茶苦茶ソリッドにファンが反応してくれるが嬉しかったなぁ。

追記:帰りは2度目の大橋ジャンクションをぐるぐるぐる。

コメント

  1. hitomi より:

    お疲れ様でした。
    車も出していただきありがとうございました。その後体調は大丈夫ですか?

    本当にあったかい音がたくさん鳴ったliveでしたね。感動しました(^-^)

    オープニング映像、徐々に高揚感があがる感じがしてきて格好よかったです!
    忙しい中、すばやくパイロット版を作製されてたのがspiさんのすごいところですよね。
    本当にありがとうございました!!

    素敵な楽曲が沢山の人に届くように、とりあえず私は、、念じておきます(笑)

  2. spiduction66 より:

    >hitomiさん
    お疲れ様でした。
    いいライブでしたね。最後はジーンときました。
    いい個性と音楽性を持っているバンドなので、もっともっと注目されてゆくと思います。

    DVDですがイメージを大切にするバンドですから、こちらもイメージでプレゼン(笑)するのが大事なのと、素材もらう前にやれる部分はやっておこうと作りました。正解でした。
    腰は一過性の炎症だったようです。当日は全然大丈夫でしたよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください