喫茶ソワレとカフェ・アンデパンダン

2008/5/10 土曜日

京都のお店を2軒ほど紹介。

【喫茶ソワレ】
喫茶ソワレ
木屋町の高瀬川に面してある喫茶店。
1948(昭和23)年創業というから、もう60年になる。
喫茶ソワレ
蒼色に統一された照明が幻想的なこの店。京都に住んでいる頃から好きな店だった。今日はカミさんが友人たちと飲みに行っている間を狙って子供たちと行く。

お気に入りはコーヒーゼリー。

画像じゃさっぱりわからないけど、コーヒーの中に氷のように見えるのがゼリーだ。
スプーンでゼリーをすくって食べるのがフツーなんだろうけど、
ストローでゼリーをチュルっと吸い込むのが楽しい。
ゼリーとコーヒーとが両方楽しめる。
子供にこの食べ方を教えたら、
「ちゃんとスプーンで食べなさいよ」と怒られた。
いいじゃん、いいじゃん、ぷっぷくプー

かくして木屋町の夜はふけてゆく.....

喫茶ソワレの住所 : 京都市下京区西木屋町通四条上ル

—————————————————————————————————-

【カフェアンデパンダン – cafe independent】

京都に住んでいた頃は毎日新聞の京都支局だったこのビル。
今は「京都アートコンプレックス 1928」というビルに生まれ変わっている。日々さまざまなアーチストによるさまざまなスタイルのギャラリーが展開されている。ちょっと上のギャラリーものぞいたけど、いかにもアーチストトでございという方々が、一生懸命自分の作品を並べていた。

喫茶ソワレの後、カミさんとその友人たちと再開、いっしょにここに入る。

地下のお店に降りて行く階段はこんな感じ。
一見牢獄に向かう階段のようだけど....

実際には床下にこんな装飾があったり、壁際には所狭しとフライヤーが貼られている。

店舗入口。改装した痕跡が全くない。というか廃墟に近い雰囲気。

外部からの明かり取り窓が天井際にあるため、爆風が吹きぬけた後の地下防空壕のような印象すら受けた(実際そんな場所に出くわした経験はないんだけどね)。
店内には大きな木製のテーブルがずらっと並んでおり、基本的にセルフサービス。一人で勉強している人、読書している人、団体でワイワイ騒いでいる人、恋人同士、親子連れ....

このビルにせよ、このお店にせよ、混沌としている。こんな「何でもアリ感」や「レトロとモダンの融合」というのが京都のもうひとつの側面だったりする。

店内は相当混雑していたので、ビシバシ写真を撮影する雰囲気じゃなかった。
店内の雰囲気は公式サイトでどうぞ。

カフェアンデパンダンの住所 : 京都市中京区三条通御幸町東入